チェンソーマン全巻はいくら?安く読むには電子書籍のまとめ買いがおすすめ

漫画「チェンソーマン」全巻の値段は、電子書籍アプリAmebaマンガの初回限定クーポンを利用することにより、単行本のまとめ買いよりも安く読めます。

デビルハンターであるデンジが罠に嵌められ一度は瀕死の状態まで追い詰められますが、ポチタと融合してチェンソーマンになり活躍する物語で第一部が週刊少年ジャンプで連載され、今第二部に突入して少年ジャンプ+に掲載されています。

この記事では、漫画「チェンソーマン」の単行本と電子書籍、それぞれ全巻の値段がいくらかを比較し、お得に安く読める方法について紹介します。

電子書籍最安値の「Amebaマンガ」なら、漫画「チェンソーマン」全16巻を、実質3,420円(税込)で購入できます!
この値段は、単行本(定価)を購入するより、4,500円安く読むことができます。

漫画「チェンソーマン」
会員登録不要
▼無料試し読みはここから▼

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

\ 新規登録でマンガ100冊を50%即時還元/

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

目次

漫画「チェンソーマン」を安く読むには電子書籍のまとめ買いがおすすめ

漫画「チェンソーマン」単行本全巻まとめ買いの値段はいくら?

漫画「チェンソーマン」は単行本の最新刊16巻が発売されており、現在も連載中で次巻17巻の発売日は未定となっております。

単行本:全16巻

全16巻をまとめ買いすると定価7,920円(税込)になります。

そこで、漫画「チェンソーマン」全巻新品まとめ買いの値段を知名度の高い通販サイトで調査してみました。

通販サイト全巻値段(税込)
Amazon7,920円
漫画全巻ドットコム7,920円
アニメイト7,920円
楽天市場7,920円
Yahoo!ショッピング7,920円
ヨドバシカメラ7,920円
通販サイト比較

このように、調査時点では、Amazonや他のネット通販でも出版物再販制度などにより、同じ価格(定価)であることがわかりました。

しかし、漫画「チェンソーマン」単行本の場合、売り切れてしまい、次の入荷を待つという可能性もでてくるかと思います。

漫画「チェンソーマン」電子書籍全巻まとめ買いの値段はいくら?

電子書籍は最新刊16巻まで発売されています。

電子書籍:全16巻

漫画「チェンソーマン」を全巻を読む場合、単行本だと合計7,920円(税込)かかりますが、電子書籍アプリのAmebaマンガなら、通常全巻の合計は6,840円(税込)です。

ここから、初回限定100冊まで50%即時還元クーポンを利用することにより、全巻をまとめ買いすると実質3,420円(税込)になります。(購入後、すぐに3,420円分のマンガコインがもらえるため)

結果、単行本より、4,500円も安く読めるということですね!

漫画「チェンソーマン」の全巻を最安値で読みたい人には電子書籍アプリのAmebaマンガがおすすめです。

漫画「チェンソーマン」
会員登録不要
▼無料試し読みはここから▼

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

\ 新規登録でマンガ100冊を50%即時還元/

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

しかしながら、今まで紙書籍でのみ漫画を読んでいた方は、電子書籍にはまだ抵抗がある人も少なからずいるかと思います。

実際には紙の単行本を購入して読むより、安いだけではなく、その他にもたくさんのメリットがあるんです!

引用:「まつりくん」より
電子書籍のメリット
  • 単行本より安い
  • ダウンロードすることにより、いつでも好きなところで読める
  • キャンペーン・クーポン等が利用できる
  • 購入前に試し読みができる本が多い
  • 単行本を置くスペースがいらない
  • 在庫切れがない
  • 本屋にない書籍でも購入できる
  • 文字のサイズやフォントを変えられる

このようにたくさんのメリットがありますので、漫画「チェンソーマン」全巻を1番安く読みたい人は電子書籍アプリでまとめ買いすることをオススメいたします!

漫画「チェンソーマン」全巻を安く読めるおすすめ電子書籍アプリ5選

漫画「チェンソーマン」の全巻まとめ買いは、価格重視だとAmebaマンガ一択になると思います。

以下に、これから電子書籍を毎月コンスタントに利用したいと考えている方へ、知名度が高く、品揃え・使いやすさ・還元施策などが豊富で、大手企業が運営していて安心して利用できる漫画アプリを厳選し、各サービスの特徴やオススメポイントについて説明いたします。

電子書籍アプリはたくさんの種類があり、どのサービスを利用したらいいかわからない人も多いかと思いますが、ぜひ、参考にしていただき、ご自身にあった漫画アプリサービスを選んでください。

漫画「チェンソーマン」
全巻最安値は
Amebaマンガ
3,420円(税込)

電子書籍
アプリ
オススメ度内容
Ameba
マンガ
100冊まで50%即時還元クーポン配布
最安値で全巻まとめ買いできる
ebook
japan
6回✕70%OFFクーポン配布
PayPayポイントの還元率が高い
コミック
シーモア
1冊まで70%OFF
月額メニュー登録で最大20,000P還元
まんが
王国
毎日最大50%P還元
毎日20時にお得なタイムセール
U-NEXT600円分のポイント付与
31日間の無料トライアル
電子書籍アプリの比較

Amebaマンガなら漫画「チェンソーマン」全巻の通常価格は6,840円(税込)になりますが、初回限定50%即時還元クーポンを利用することにより、3,420円分のマンガコインがもらえるため、実質3,420円(税込)で全巻を購入できることになります。

Amebaマンガなら漫画「チェンソーマン」全巻セットが1番安く読める

運営しているのは株式会社サイバーエージェントで、漫画に特化した日本最大級の電子コミックサービス漫画をメインに利用したい方にオススメです!

おすすめポイント
  • 新規登録で、マンガ100冊が50%即時還元
  • 無料で読める作品が多い
  • 人気作品もしっかりと取り揃えている
  • キャンペーンや割引クーポンの配布が豊富
  • 月額プランに加入した場合の特典ポイントが魅力

今なら無料会員登録するだけで、すべての漫画が対象となる100冊まで50%即時還元クーポンがもらえるため、自分の好きな漫画全巻を最安でまとめ買いしたい方には必見です!

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

クーポンの入手方法

初回無料登録を行なっていただくと、自動的に最大100冊まで50%即時還元クーポンが適用されます。

登録は、アメーバIDを持っている場合は、“アメーバIDでログインする”で登録できます。

また、“Apple”“Yahoo! JAPAN IDX(旧Twitter)GoogleFacebookなどの外部サービスのアカウントでも登録できます。

漫画「チェンソーマン」
会員登録不要
▼無料試し読みはここから▼

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

\ 新規登録でマンガ100冊を50%即時還元/

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

ebookjapanならPayPayポイントの還元率が高い

ebookjapanは、ヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同運営を行っている電子書籍サービスで、PayPayポイントの還元率が高いため、コンスタントに漫画を安く買いたいと考えている方にはオススメです!

おすすめポイント
  • 購入6回まで使える70%OFFクーポンがもらえる
  • 無料で読める作品が多い
  • キャンペーンや割引クーポンの配布などが豊富
  • PayPayポイントの還元率が高い
  • 本棚に収納しているような感覚で背表紙を表示できる

初回登録時、購入6回まで使える70%OFFクーポンがもらえ、1回のお買い物で最大500円まで割引できます。

簡単に説明しますと、読みたい漫画を全巻購入する場合、数回に分けて購入することにより、最大3,000円の割引で購入することができるんです!

とにかく還元策が豊富で、特にYahoo!プレミアム会員の方やソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーであれば、PayPayポイントの還元率が高くなりお得にお買い物ができます。

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

⇒ ebookjapanの公式サイトはこちら

コミックシーモアなら月額メニュー登録で最大20,000P還元

コミックシーモアは、NTTのグループ企業であるNTTソルマーレ株式会社が運営する電子書籍サービスで、ほぼ全ての作品をいち早く手に入れられますので、漫画好きなら1度は試して欲しいサービスです!

おすすめポイント
  • 1冊だけ使える70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニュー登録後、全ポイントが還元される
  • 無料で読める作品が多い
  • 先行配信作品が多い
  • 楽天ポイントが使える

コミックシーモアには新規登録キャンペーンがあり、お得な特典が2点あります!

  • 特典① 70%OFFクーポンGET
  • 特典② 月額メニュー全額お返し

新規無料会員登録すると1冊だけ使える70%OFFクーポンがもらえます。

そして、月額メニューに新規登録された場合は、後日、登録メニュー分の全ポイントが最大で20,000ポイント還元されますので、実質無料で漫画を購入することができます。

また、ポイント等を購入してからの購入ではなく、直接料金を支払う事ができる為、少額の商品から気兼ねなく購入する事が出来るのも嬉しいポイントです!

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

⇒ コミックシーモアの公式サイトはこちら

漫画「チェンソーマン」の電子書籍はレンタルできる?

漫画「チェンソーマン」は電子書籍のレンタルサービスがあるサイトでは、取り扱いがありませんでした。

  • Renta! ×(購入のみ)
  • コミックシーモア ×(購入のみ)

漫画「チェンソーマン」を電子書籍で読む場合は、購入する必要があります。

漫画「チェンソーマン」を読み放題できるサービスは?

漫画「チェンソーマン」は電子書籍の読み放題を行っているサービスでも、対象外の作品でした。

  • kindle unlimited ×(購入のみ)
  • コミックシーモア ×(購入のみ)
  • BOOK☆WALKER ×(購入のみ)
  • auブックパス ×(購入のみ)
  • ブック放題 ×(取り扱いなし)

漫画「チェンソーマン」の電子書籍は、購入のみの取り扱いです。

漫画「チェンソーマン」のあらすじ

デビルハンターとして生計を立てているデンジは借金苦に悩まされていた。働いても全く借金が減ることはなく、日々の食べるものさえもままならない状態。そんなある日、借金取りに呼ばれてある廃屋に連れて行かれる。そこでデンジは突然背後から刺されて瀕死の状態へと追い込まれてしまう。朦朧とする意識の中でデンジはポチタと契約をしてチェンソーマンへと生まれ変わる。チェンソーマンになったデンジは悪魔の群れを一気に蹴散らしなんとか生き残るのだった。目覚めると目の前には公安のデビルハンターであるマキマがいて、「自分に今殺されるか、人として私に従うか」という二者択一を迫られる。お腹が空いていたデンジはマキマに従うことを選択して公安のデビルハンターとして働くことになるのだった…。

作品名チェンソーマン
ジャンル少年漫画
作者藤本タツキ
出版社集英社
掲載誌週刊少年ジャンプ
巻数最新刊16巻
外部リンク漫画公式サイト
漫画「チェンソーマン」基本情報

漫画「チェンソーマン」の見どころ

漫画「チェンソーマン」の見どころを3つ紹介します。

  1. デンジとポチタの関係
  2. バトルシーンの躍動感
  3. 公安のデビルハンターの面々が魅力的

デンジとポチタの関係

デンジは借金に苦しんでいる青年なのですが、デビルハンターとして働いても全然借金が減らない姿がとても痛々しいですね。でも唯一の癒しとしてポチタという友達がいるので、この二人のやりとりがとても微笑ましいです。ポチタと会話している時のデンジはすごく優しい表情をしているので、そこに注目して欲しいです。従ってそんなデンジとポチタが融合してチェンソーマンになる時の展開はかなり胸が熱くなりますね。

バトルシーンの躍動感

デンジがチェンソーマンになって悪魔たちと戦いを繰り広げていくのですが、その時の躍動感がとても素晴らしいです。チェンソーマンになって体からチェンソーの刃が出て、それを武器に戦っていくのですが体力が落ちることによって、そのチェンソーの刃が小さくなってしまうという特徴も面白いですね。従って戦いが長期化すればするほどデンジはピンチになっていくという流れになるので、とても展開がハラハラして目が離せません。

公安のデビルハンターの面々が魅力的

マキマを筆頭に公安にはとても魅力的なキャラが集まっているのでそこに注目です。最初デンジは早川と一緒に行動するのですが二人は喧嘩ばかりでお互いのことを罵り合っている姿がとても面白いですね。デンジが仕事に不真面目なことで殴り合いの喧嘩になるのですが、デンジが早川の股間ばかりを狙ってノックダウンさせるシーンには笑えましたね。その他にもパワーという魔人とデンジがバディを組むことになるのですが、このキャラもすごく個性的でマイペースなので、デンジがパワーの言動に翻弄されている姿もとても面白いです。

漫画「チェンソーマン」の感想

30代男性

グロテスクでバイオレンスそして、かっこいいダークヒーローな感じが大好きなんですよ。自分も正義の味方とかカッコイイ主人公に憧れていたけど、なれなかったんで結果的にデンジのことを応援せずにはいられません。自分はデンジと同じような人生と言っても過言じゃないくらいに辛い人生を歩んできたから本当に頑張ってほしいとか思いながらも、それでいて、世界観がもうやばすぎるし、伏線貼られまくりだからこれはもうどうなっていくのかさっぱりわからない感じの作品で最後まで読むしかないとか思いながらもどんどんはまってしまいましたね。絵も凄くいいし、キャラクターも豊富だから文句なしにはまってしまっています。今自分の中では一番はまっている作品でもあるので、楽しみに読ませてもらっています。敵キャラクターとかもなかなかおもしろいし、なんかどんどんやばい展開になっていくし、最終的にどうなるのか考察しながら読むのも結構いいかも。斬新すぎるからこそ、話が面白くて気になって読んでしまう面白さがあるし、作者さんがどういう意味体でこれを描いているのかも凄く気になってしまう。いろんな要素で惹かれてしまう作品だから、ぜひ注目してみていこうと思いました。

他の感想はこちら
20代女性

作者・藤本タツキによる前作「ファイアパンチ」を以前に読んだことがあった。独特の作風で繰り広げられる映画のようなストーリーに、毎週ページをめくる手が止まらなかった記憶がある。そんな作品を生み出した藤本タツキの新作、「チェンソーマン」。週間少年ジャンプで連載されていたため今まで読むことができずにいた。しかしながらアニメ化とジャンププラスでの2部連載スタートの際に、1部も無料公開されたのである。これはもう読むしかない。そう思って、読み始めた。前作「ファイアパンチ」は主人公が真面目でクールな性格なのと、復讐のために生きていたためとてもシリアスな作品となっていた。しかし、「チェンソーマン」の主人公・デンジは違う。とにかくポジティブ。愛すべきおバカ。隙あらば女の人のことを考えている。チョロい。そんなデンジに降りかかる災難は初っ端からとんでもないものである。1部の最後まで、そして連載中の2部でもそれは変わらない。とにかく酷い目にあう。それでも明るいデンジ。いかれている。でもそれがいい。作品の空気が暗くなりすぎなくて面白く読むことができた。1部の衝撃のラストには空いた口が塞がらなかった。生姜焼きのことをマトモな目で見られなくなる。2部連載中の今、「ああこれはリアタイで追いかけて次の更新まで悶々としながら読むのが楽しい作品だ」とわかったので、楽しく悶々としている。

40代男性

力を手に入れるには悪魔との契約というのが中2心をくすぐります。しかもチェンソーとの組み合わせというのが斬新すぎます。デンジはろくでもない環境で育ち、ろくでもない仕事にいそしみ、しかもヤクザに利用されているというのが哀れでたまりません。相棒があくまで可愛いチェンソーの悪魔とのいうのがマスコットらしくて良かったのですが、そんな思いはつかの間でデンジが瀕死になった際にチェンソーの悪魔のポチタに命を救われますが、かなり泣けるストーリーです。能力を買われてマキマさんの犬になりますが、なんというかデンジの前向きさや向こう見ずさや悩まなさに感心させられます。デンジの行動原理がなかなか単純でわかりやすくてよいです。早川やパワーちゃんと行動をともにしますが最近流行りのご都合主義の異世界転生作品と違いなかり緊迫した戦いや絶望的な局面が非常に多く飽きさせない展開が面白いです。ずっと仲間なのかなと思っていたメンバーがあっさりやられてしまったり、マキマさんのチートぶりには驚かされます。テンジの初見は本当に主人公かと思いましたがポチタと融合してからBLEACHの黒崎一護風のイケメンになってよかったとおもいました。

20代女性

「チェンソーマン」は、暗くて斬新な作品で、独自の魅力がたくさん詰まっています。まず、ストーリーは予測不可能で、読者を驚かせる展開が多いです。主人公デンジは、デビルハンターとしての過酷な仕事に明け暮れつつ、自らの夢や欲望を追い求める姿勢が印象的です。作品の大きな魅力の一つは、ダークで独特な世界観です。デビルと呼ばれるモンスターたちとの戦い、契約、死後の世界など、普通の常識からはずれた設定が引き込まれる要素となっています。また、藤本树の描くキャラクターたちも個性的で、魅力的なキャラクターデザインが作品の深みを増しています。さらに、シリアスな要素とブラックユーモアが絶妙に混ざり合っています。シリアスな瞬間でも笑いを取り入れ、読者を楽しませる手腕が見逃せません。この独自のトーンが作品を軽妙かつ重厚にまとめ上げています。また、作中に描かれる友情や愛情などの感情表現も深く、キャラクターたちの成長や葛藤が感動を呼び起こします。読者は彼らの人間臭さに共感しながら物語に引き込まれていくでしょう。総じて、「チェンソーマン」は予測不能な展開、独自のダークファンタジーな世界観、個性的で奥深いキャラクターたちの魅力が交錯し、一度読み始めると手放せない魅力的な作品です。

30代女性

1話目で主人公が死ぬ、かわいいと思ったキャラクターも亡くなり、回想でのみ出るようになる展開。最近の人気のある漫画はコミック1巻目で主人公や主要キャラが亡くなることが多いです。読んでいて、これもそうかと感じました。内容としては、設定として悪魔を退治するだけかと思いましたが、まさかの人気あるヒロインキャラが悪役。しかも、ほどよくグロ系なので最近の人気ある作品の傾向としてはいいと思います。個人的には人気のあるキャラがすべて亡くなるので、すこし残念にも思いました。主人公の心理的な葛藤ももう少し書かれているといいなと感じました。銃の悪魔、ヒロインを食べたあたりで1章が終わり、その後の続編も出ていますが正直、あまり好きな展開ではありません。もう少し主人公が普通の生活を求めていた通り、普通の生活を送る中での絶望に陥る展開がよかったです。主人公の考え方が普通ではないので、可能な設定なのかと思いますが、話の中にもう少し生活の部分が垣間見れると面白いと思いました。最近はもう読んでいませんが、2章に進んでからは読む気になれませんでした。アニメ化もされ、周りからも高評価で進められて読みましたが、少し残念に思いました。個人の感想ですが、よろしくお願いいたします。

40代女性

チェンソーマン、チェーンソーの男ってどういうことなのかと最初に食いついたのがタイトルでした。そして読んでみて、まさかのドンピシャタイトルってことが分かりました。不思議な世界の不思議な設定の中で、チェーンソーと人が融合することとなるとは。それにしても、タイトルはまさかのそのままでしたがストーリー的にはまったく予想がつかない。銃の悪魔というのがこの世界の敵です。数分で死者120万人ってどれだけ強い尾的なのですか。物語にはさまざまな脅威がやってくるものですが、けた外れの強さです。そして主人公のデンジが依頼されたのは銃の悪魔を倒すこと。それはまあ、そういう展開となるでしょう。だからこそラスボス倒しのために仲間たちが集まって少しずつ強くなっていき、やがて目的を達成してハッピーエンド。それが通常のパターンですよね。でもそうはならない。初めから思いっきり振り回してくれます。そしてキャラクター達。デンジにマキマ・パワーと名前がおもしろければ、個性もおもしろい。ヒロインマキマのギャップにドはまりしてしまう方も多いでしょう。戦闘シーンは迫力満点だし。と思ったらオンオフの差も激しくて。とにかくおもしろいってことです。

40代女性

この作品の読みどころは「悲惨な状況でも希望を持って生きる主人公に共感・応援できる」ところだと思います。最初に読んだときは、主人公のデンジが生存するための条件がめちゃめちゃきついのに驚きました。でも厳しい環境や状況でも、デンジはもともとの性格なのか、明るさや前向きさを失わずに生きています。相棒になったポチタとも助け合っているデンジは、家も金もなくても、人間らしいまっとうさがある人物だと思いました。むしろ、デンジの周囲にいる人間たちのほうが、見た目はきれいでも中身がきれいじゃないという場合が多いと感じました。だからこそ主役コンビのデンジ&ポチタの懸命さが光って見えると思います。また、作品の舞台が悪魔が存在する世界であるということも、作品の面白さだと思います。人間と悪魔は基本的には対立していて、人間は悪魔を退治するために頑張っています。人間よりまともな悪魔がいれば、悪魔よりも悪魔みたいな人間もいます。いろいろな登場人物が登場して思いがけない展開になるので、飽きがこないところも良いと思います。この漫画は読めば読むほど、よくこんなきつい世界でデンジ&ポチタは頑張っているなと感心します。他人や世間にふり回されることなく、強い希望と意志を持って生きるデンジがうらやましいです。自分も毎日しんどいけれど頑張ってみようかな、と思わせてくれる良作です。

30代女性

父親の借金返済のためにデビルハンターとして働きながら貧乏生活をしているデンジ。ある時デンジは殺されてしまいますが、ペットのポチタの命を吸収して生き返り、その後敵を倒していくというストーリーは凄く面白いと思います。正直ポチタには普通に生きていて欲しかったです。デンジと一緒に助けあって貧乏生活をしていたのであの可愛いポチタがいなくなってしまったと凄く悲しかったです。デンジは声(声優)にファンが多く、イケメン(ビジュアル)と相まって徐々に引き込まれていきました。その後デンジはマキマさんという女性に拾われ、そこで一緒に戦うことになった仲間たちのキャラもよかったです。特にパワーちゃんも猫のにゃーこも可愛くて見入ってしまいました。にゃーこは助かって良かったです。最初はデンジがチェンソーマンに変身した時は少しグロく感じていたのですが、観ていくにつれて少しづつ慣れてきました。デンジはいつも少年のような考え方をしていて可愛いなと思いました。物語が進むにつれて少し話が複雑になってくるのでしっかり見ていないと分からなくなりそうでした。人それぞれ闇があったりと考えさせられる部分もありました。米津さんのKICKBACKがチェンソーマンにマッチしていて何度も聞いてしまいました。

20代女性

『チェンソーマン』を読むようになったきっかけは、「何も考えずに笑える漫画があるんだ」と友人に勧められたからです。気になったので友人に借りて読んでみたら、まんまとハマりました。主人公のデンジや彼の上司にあたるマキマさん以外にも、魅力的なキャラクターがたくさん出てくるので、必ず誰かしらが推しになると思います(私は途中から登場する天使の悪魔が1番好きでした)。また、はじめはただ何も考えずにゲラゲラ笑いながら読み進められたのですが、何も知らないまま言われるがままにマキマさんの指令に従っていたデンジが、パワーと共に徐々に成長していき、思い悩んでいく様が見えるようになったというのも面白さの一つだと思います。ただばかすかチェンソーで切り刻むグロ爽快系かと思いきや、ちゃんと重い部分も見えてきて、だんだんとデンジが真実に向き合えるくらいに成長していく姿を追うのが楽しみの一つでもありました。ただ、先ほども少し言った通り、グロい系の漫画ではあります。描かれ方に作者の高い技術が感じられますが、だからこそリアリティーのあるグロさが出てくるので、死の表現が苦手だったり、あまりにもえぐいのはちょっと…という方にはむやみにオススメできないかなという印象です。グロ全然大丈夫!むしろウェルカム!という方にはとてもオススメできる漫画です。

30代男性

簡潔に言うと「チェンソーマン」は、独創的な世界観と衝撃的なストーリーテリングで、読者を魅了する驚異的な漫画だ。この作品は、アクション、ダークファンタジー、コメディの要素を巧みに組み合わせ、読者を一気に引き込んでくれる。そんな漫画です。まず、主人公のデンジは、普通の少年のように見えるが、彼はチェンソーを使って悪魔を狩る特殊な能力を持っている。彼の過去や目的は謎に包まれており、読者は彼の成長と秘密の解明に興味津々になる。デンジのキャラクターは魅力的でありながら、一線を越える大胆さも持ち合わせている。また、物語は予測不可能な展開で進行するため、読者は常にワクワク感と緊張感を味わうことができる。作者は、予想外の展開や衝撃的なシーンを巧みに組み込み、読者を驚かせると同時に、作品への没入感を高められました。さらに、「チェンソーマン」は独自のビジュアル表現でも知られている。緻密なディテールと独特なアートスタイルは、暗く不気味な世界を生き生きと描き出している。特に、戦闘シーンでは迫力あるアクションと鮮やかな描写が見どころとなり、圧倒されました。このような魅力的な要素が詰まった「チェンソーマン」は、想像力を掻き立てる作品であり、読者に強烈な印象を残すこと間違いなしです。アクション、ダークファンタジー、コメディといった多様な要素を楽しめる漫画がお好きなら、是非この作品に挑戦してみてください。あなたもデンジと共に驚きと感動に満ちた冒険に出会えると思います。

30代男性

超貧乏少年のデンジがすごく可愛そうでなんともいえないんですが、こんなダークヒーロー漫画今までに見たことがない。この漫画まじで凄いって思ってしまいましたね。伏線とかあって、続きが気になるように描かれているのと、きっちと世界観を作り込まれているのとストーリーがいい感じに描かれているからいいですよね。どんどん話が面白くなっていくからもう一度ハマったら病みつきになって止まらなくなってしまいます。話のテンポもいいし、登場人物のキャラクターがすごくいいキャラクターしているからいいんですよね。グロテスクな描写とか残酷さもしっかりあって、まさにダークヒーロー感あっていいです。主人公のデンジの動機が凄くエゴイストでいいし、今の若者にもこれくらいハングリー精神を持っていてほしいって思っちゃいましたね。それでいて素直で優しい性格なのもいい。ポチタも個人的には凄く可愛らしくてメチャクチャ好きです。主人公も含めてキャラクターみんなぶっ飛んでいる感じが最高ですよね。ギャグもあったりシリアス要素もあったり、魅力的な展開が凄くあっていいです。読者を驚かせる展開がとても素晴らしくて、ハマる要素があって作者さんがもう天才過ぎてやばいです。

20代男性

この漫画の最大の魅力は、少年漫画でありながらその枠を越えるくらい過激な描写が盛りだくさん詰まっているということです。それに主人公のデンジは、他の漫画の主人公のように正義や友情を掲げて活動しているわけではありません。お金や女が欲しいと欲望を素直に吐き出すその姿は、人間味があって逆に好感が持てます。実際デンジの周りにいる人たちも、そういう素直すぎる性格に惹かれているように感じました。デンジがチェンソーマンに変身したあとのデザインも、ヒーローとは言いがたいほどにグロテスクなデザインをしています。最初はその見た目に驚きましたが、いざ戦闘シーンになるとかなりスタイリッシュなアクションが展開されるのでテンションが上がりました。敵も容赦なく血みどろになっていき、もう何がなんだかわからないほどカオスな光景へと変化していきます。グロいのが苦手な人は厳しいかも知れませんが、それで読まないのはもったいないくらいにクオリティーの高い作品です。悪魔たちのデザインは他の漫画では全くみたことがないくらいに斬新なものばかりですし、どのキャラクターもいつ死ぬかわからない緊張感があります。物語が進むにつれて、デンジがちゃんとヒーローっぽくなっていく過程にもワクワクします。

30代男性

チェンソーマンという作品は、いま第二部が連載しているのですが、やっぱりすごく面白い作品で大好きです。チェンソーマンの見た目がまさに自分の琴線に触れてくる感じで、めちゃくちゃテンションが上がります。若干敵キャラみたいな感じもすごく意外性があって最高の作品だと思います。個人的に一番好きなキャラはマキマですね。公安のデビルハンターの上司として君臨しているのですが掴みどころがない性格がとても魅力的に見えてきました。色気の部分でもすごく興味が湧くキャラでデンジに対してエッチなことをしてくれる展開にはドキドキせずにはいられませんでしたね。敵であるデビルたちの姿がとても独創的で喋る悪魔なんかも出てくるので不気味さはかなりのものがありました。やっぱりバトル漫画なのでそのシーンでの躍動感はかなりのものがありましたね。縦横無尽に駆けずり回るチェンソーマンの姿がとても格好良くて目の保養になりましたね。物語の展開がすごくスピーディに様変わりしていくので非常に面白いですし先の展開が読めない感じは最高ですね。パワーのガサツな感じなど見どころ満載なので目が離せません。個人的にデンジのスーツ姿はとても格好良く見えました。

40代男性

この作品はやっぱり少年漫画なのでバトルシーンが沢山出てくるところがとても面白い部分ですね。すごく貧乏で劣悪な環境に身を置いていたデンジなのですが、デビルハンターをして生計を立てている姿がとても印象的でした。しかし、借金取りにはめられて殺されてしまいポチタと融合してチェンソーマンとして生まれ変わるので、その展開がなんだかとてもワクワクしましたね。やっぱりキャラクターが覚醒するとすごく胸が高まります。その展開が結構な序盤で訪れるので、すごくテンポが早くて最高に読んでいて楽しいです。チェンソーマンというネーミングセンスがなんだかとても大好きで、すごく気持ちがワクワクしてきます。両手と頭にチェンソーがついた化け物になって悪魔たちを討伐していくのですが、その時の描写がまたなんとも言えない躍動感を孕んでいるのですごく格好いいです。設定として体力がなくなってくるとチェンソーの長さが短くなるという一種のバロメーターになっている姿もとても面白いところですね。敵のデビルたちの見た目が結構グロテスクなので最初はちょっと戸惑いましたがだんだんと慣れていってデンジがズタズタに切り裂いていく姿を見ると言い知れない高揚感がありました。

30代男性

チェンソーマンと言う作品はやっぱりキャラクターたちがとても魅力的で素晴らしいなと言うふうに感じています。主人公のデンジもそうなのですが、マスコット的な役割のポチタの存在やマキマやパワーなど魅力的なキャラがわんさか出てくるので非常に読んでいて楽しいです。個人的にマキマの色気の部分が最高にいいですね。少年漫画特有のエッチな展開などが、ちょこちょこ出てくるのでそこでのやり取りに注目していくとより面白さが増していきます。デンジがデビルハンターとして活躍していくのですが、自分には目標がないということで女性のおっぱいを揉むために頑張るという謎の理由をつけて仕事をする姿がなんだかとても面白かったですね。パワーとデンジのやりとりなんかも非常に興味深くて二人ともテンションが高いのですごく気持ちが上がります。チェンソーマンに変わってデビルと戦っている時のデンジの姿がすごく格好良くて堪りませんでした。手についたチェンソーが禍々しいオーラを孕んでいてすごく魅力的です。銃の悪魔という強敵がいるらしいのですが、そのキャラがどのようなものなのか気になるところですね。先のストーリーへの伏線が色々と張り巡らされているのでたまりません。

40代男性

「チェンソーマン」は、藤本タツキ氏による人気漫画作品であり、非常に濃いストーリー展開やキャラクター造形が特徴的な作品です。主人公のデンジは、魔獣狩りを生業とする組織に所属しており、彼の相棒であるチェンソーマンと共に魔獣と戦いながら生計を立てています。しかし、彼の生活はある日突然崩れ去ります。デンジは、魔獣狩りの組織に裏切られ、自分がチェンソーマンであることを理由に殺されてしまいます。しかし、彼はある条件で魔獣狩りの組織に復讐する機会を得ます。この作品は、人間と魔獣の対立を軸に、デンジという弱い人間が自分の意志を貫く姿勢や友情を描いた感動的な作品です。また、ストーリーには、人間の欲望や野心によって引き起こされる悲劇や、家族愛や恋愛などの要素も盛り込まれています。それに加えて、作者の緻密な世界観やキャラクター造形、緻密なアクションシーンなどが、作品に深みを与えています。また、この作品は大人向けの作品であり、暴力や残虐描写、性的描写などが含まれるため、苦手な人には向かないかもしれません。しかし、それらの要素が作品の世界観やストーリーに必要不可欠なものであり、彼らの存在が作品を深く魅力的にしています。総合的に言えば、「チェンソーマン」は、非常に深みのある作品であり、アクションと感動の両方を堪能できる作品だと思います。作品に没頭し、作者の緻密な描写によって描かれる世界観に浸りながら、主人公のデンジが生きることを支える感情を共有することができます。ただし、作品には過激な要素が含まれているため、注意が必要です。

40代女性

型破りな主人公と先の見えないストーリーが魅力の漫画が、「チェンソーマン」です。主人公は16歳の少年・デンジ。このデンジ、ふとしたことからチェンソーの悪魔の心臓をもらってしまい、最強で最凶の悪魔「チェンソーマン」に変身します!このデンジ=チェンソーマンが悪魔をバッタバッタとなぎ倒すのが主軸となる話です。ところがそれが、一筋縄ではいきません。デンジのアホさ加減が炸裂し、毎回捨て身かつ奇想天外な方法で悪魔を倒すのです。この方法、とてもエグイけれど笑うしかない!これがデンジの魅力となっています。さらにストーリーは、誰が敵で味方なのか?この先の展開は?と全く予想が出来ません。しかも身内にも悪魔がいるし、誰が生きるか死ぬかもわからないのです。この展開がページをめくる手を止めさせてくれません。作者のコマ割りの技術や語り口も、漫画レベルをこえてもはや「映画」を見ているような印象を受ける斬新な描き方をしていると思います。だからこそ、恐ろしいシーンは本当に心が凍るし、仲間の死や真相を知るシーンは、読み手も戦慄してしまうのです。私は「チェンソーマン」をもう全巻10回以上はリピート再読していますが、全く飽きることがありません。新しく始まった2部も先が読めず、最高に面白いです。コミックはまだ13巻までしか発売していないので、すぐ追いつけることもおすすめポイントとなっています。

20代男性

「チェンソーマン」は、タツキ・フジモト氏による漫画作品で、週刊少年ジャンプで連載されている。物語の舞台は、悪魔が存在する世界で、主人公のデンジは、父親の借金を返済するために悪魔狩りの仕事をしている。ある日、彼は悪魔と融合し、新しい存在「チェンソーマン」として生まれ変わる。以後、彼は「公安悪魔狩り局」に所属し、悪魔狩りの任務に挑むことになる。この作品は、独特の世界観とストーリー展開が特徴である。悪魔が存在する世界という設定は、非常に興味深く、読者を惹きつける。また、悪魔狩りの仕事をしている主人公のデンジは、借金を返済するために仕事をしていることもあって、一般的な漫画の主人公とは異なり、生々しい現実味がある。このような設定が、読者を作品に引き込むのに一役買っている。さらに、この作品には、物語のテンポが非常に良く、読み進めるのが楽しいという特徴がある。ストーリー展開が急激に進む場面もある一方で、緊迫感のある場面や、キャラクターたちの掛け合いなど、読者を飽きさせない要素も多く含まれている。また、作品の中には、ショッキングな展開もあるため、読者は驚かされることが多い。さらに、「チェンソーマン」は、個性的なキャラクターたちが多数登場することでも知られている。主人公のデンジは、融合した悪魔の力を借りて戦うため、強力な攻撃力を持っている一方で、人間らしい弱さもある。また、公安悪魔狩り局のエージェントたちも、それぞれに個性的な能力を持っており、読者は彼らの活躍を見るのが楽しい。キャラクターたちの成長や、彼らの人間らしさが描かれています。

30代男性

「チェーンソーマン」 ジャンプ漫画でもたまにある、ホラーの色物系だと思っていた時期が私にもありました。しかし、その実態は新しい、狂った世界観を見せてくれる作者の才能によるものでした。主人公のいる世界は悪魔が普通にいて、それを倒す悪魔ハンター(デビルハンター)という職業があります。ひょんなことから公安対魔特異5課への所属になった主人公は、その中で様々な体験をしていきます。私がこの作品で「おー」っと感じたのは、「主人公のぶれなさ」加減です。戦いや経験の中で成長していることは成長していますが、芯の部分、人間臭さ、モラル、価値観、そういったものを描くときには全くぶれず、「この主人公だったらそういう発想するよなぁ」と悪い意味で予想できたり、予想できなかったり…なんにせよ、私の漫画人生の中で新しい価値観が生まれたのは間違いありません。そして、肝であるストーリーは予想を裏切る展開、スピード感、インモラル感にあふれており、「主人公のぶれなさ」と相まって混沌状態になることも…そういった相互作用をきれいにまとめているのが、この「チェーンソーマン」という作品です。一部は完結していてキリがいいですし、アニメも今が熱いです。ぜひご覧ください。

30代女性

チェンソーマンは現在12巻まで発売されていますが、~11巻までを第一部、12巻~第二部の構成です。昨今のジャンプ漫画は割と物語が長尺になる傾向がありますが、11巻という少ない巻数の中でもある程度の世界観と物語の外観やキャラクターなどを掴みやすく、類見ない様な物語の転換やテンポよく進む小気味よいストーリーなどが体感できておススメです。チェーンソーの容姿を持った悪魔である愛犬ポチタと契約してチェーンソーマンになることが出来る主人公デンジですが、これまでのジャンプ主人公では珍しい生い立ちの凄惨さや、生きることに必死であったが故周りの人間よりも目的が比較的に薄いと思われがちですが、その理由や伏線などが後々に効いてくる快感などが味わえます。作者が映画に精通していることから、作品の中でも様々な映画的表現が組み込まれていたり、物語の中盤で登場する「銃の悪魔」といった強力な存在の力の凄まじさを表現する独特な方法は他の漫画とは一線を画すような演出で非常に斬新です。一見正統派ヒーローとは真逆のヒールのような残虐性を伴う見た目やチェーンソーで引き裂かれる表現などはグロテスクではありますが、不思議とこれまでのジャンプ漫画のヒーローの様な王道的な目的意識を持って行動する事もあり、この作品が特殊でありながらもきちんとジャンプ作品なのだなと感じることが出来ます。12巻~現在連載されている第二部ではまた第一部とは違う手法で物語が淡々と進んでいき、かつより大胆に先の読めない展開です。第一部で不明になっていた存在や伏線、チェーンソーの悪魔とは何なのか等が明らかになるのか注目したい作品です。

20代女性

一般的にいう主人公、ヒーローといえば王道的な、正義感にあふれて世のため人のために戦う人を思い浮かべがちですが、チェンソーマンの主人公デンジはおおよそその枠には当てはまらない、俗にいう「ダークヒーロー」で、最近の漫画ではそういうダークヒーロー的なものが多いですが、デンジはちょっと他とは違っているように感じました。大体この手の主人公は、何かに復習するために悪と戦う、ということが多いのですが、デンジの夢といえば、女の子とイチャイチャすること、というその一点に固執しているわけです。なので、それ以外に関してはぶっちゃけ割とどうでもいい、という視点で物語が進んでいきます。悪魔と契約して、肉体は人から遠ざかっていき、世界で繰り広げられる残酷な事象に立ち向かう、そんなデンジが敵との闘いや仲間との生活によってどんどん感情が人に近づいていくお話です。デンジの純粋な心に胸打たれるシーンも多く、子供のような彼の言動に驚いたり、また、どこか寂しく感じるようなそんなシーンもあります。アクションシーンやちょっとアダルトなシーン、コメディな部分も圧倒的な作画力で迫力があり、作中は基本的に心が休まる場所がありません。日常が退屈に感じてきていて、刺激が欲しいという人にはうってつけの漫画です。

40代女性

先が読めない!まずそれが「チェンソーマン」の魅力です。「公安編」は11巻までで一応完結となっており、12巻からは「高校編」となっています。が、「公安編」だけでもまずは読んでほしいです。主人公デンジ=チェンソーマンとなった理由からして切なく、悪魔が徘徊する世界で「公安」として悪魔退治をする面々全員がとにかく個性的かつ魅力的です。ストーリーの着地点が予想出来ないのはもちろん、次に「誰が死ぬか」、「犯人は誰か」といったところまで想定外の話に変えてくるので作者独自の物語語り力が強いと思います。スタイリッシュかつグロテスクな絵柄は見やすく刺激的です。映画大好きな作者さんということが納得できるコマ割りで、コマの間の時間経過がとても上手。恐ろしい殺し合いシーンなのにどこか切ない、感動的だったりするのです。数々の悪魔が登場するところや、地獄に強制連行されるといった無茶苦茶なシーンもあります。ところがこれ、従来の悪魔や地獄と表現が全然違うんです。ここまで漫画という媒体で感情を揺さぶる表現が出来る作家さんは、滅多に出ないと思います。主人公デンジの悪魔変化「チェンソーマン」化がすっごくかっこ良く、同時に切ないです。まずは原作から、ハマったらアニメのほうもおすすめします。

30代女性

両親もいなく、父親の借金を背負わされ貧乏暮らしをしながらペットのポチタとデビルハンターとして悪魔を倒しながら生活をしているデンジがかわいそうで最初は読んでいて、ポチタがかわいくて癒しでした。そのうち悪魔に殺されて一度死んだデンジでしたが、ポチタの心臓をもらったことで武器人間となりマキマさんというデビルハンターに気に入られて、武器人間でありながら公安のデビルハンターとなり先輩の早河アキや、血の魔人のパワーなどとともに悪魔をどんどんたおしていくのですが、早川アキ、パワーと仲良くなって家族のようになる関係が微笑ましく見ていてほっこりしたり、笑える要素もあります。戦う悪魔はどんどん強くなり、早川アキの家族を奪った銃の悪魔を追って行くことになりますがこの悪魔はなかなか強力な悪魔で恐怖感を覚えました仲間も増えたり減ったりするなかで、敵もどんどん強くなっていき謎めいたマキマさんの正体も分かってきたりと展開が早く飽きたり中だるみがまったくありません。11巻で一旦第一部が終わり、12巻からは第二部が始まるんですが雰囲気や新しい登場人物が出てきたりするのでこれからの展開がとても楽しみな作品だと思います。戦い、笑い、恋愛などいろんな要素があり展開も早く一気に読んでしまうほど面白かったです!

20代男性

タイトルが「チェンソーマン」ってすごいインパクトがありますが内容がすごくダークな感じでおすすめの作品です。画力とストーリーがすごく面白いです。悪魔が日常にいる世界で悪魔と契約した主人公のデビルハンターとして困難に立ち向かい悪魔を倒していく物語です。主人公と契約する悪魔がとにかくかわいいです。犬なのにチェンソーがついており悪魔ですがとにかく見た目がかわいいです。最初は良い人だと思っていたキャラがまさか……みたいなことがあります。とにかく誰がどんな人物なのか続きがものすごく気になります。個性が強いキャラクターが多く面白いです。ミステリアスな雰囲気のキャラが多く今後の展開がすごく気になる漫画です。特に、主人公はこれからどうなるのか、そして目指す敵は一体だれなのか考察が面白いです。バトルシーンはやり過ぎと思うほどすごい漫画です。ここまでバトルシーンがすごく白熱していたり絵がすごいのはチェンソーマンのおすすめな一部分でもあります。その中でも伏線が特に多いので皆さんも読んでいて考察が楽しいと感じられると思います。個人的には女性キャラクターが魅力的だと思います。まともなキャラクターがいませんが一人一人ミステリアスな部分が魅力的なので実際に読んでみて欲しいです!

アニメ「チェンソーマン」1期は漫画のどこまで放送された?

チェンソーマンのアニメ1期は12話まで放送されてたけど、漫画のどこまでなのかが知りたい!

そんな方たちのためにチェンソーマンのアニメについて紹介します。

アニメ化された1期は、原作漫画の一部を忠実に再現していますが、全てのエピソードをカバーしているわけではありません。

原作漫画の5巻38話までのエピソードをカバーしています。

つまり、アニメを視聴した後は、5巻39話以降の漫画から続きを読むことができます。

ただし、アニメと漫画では表現方法や描写が異なる場合もありますので、注意が必要です。

アニメと漫画の両方を楽しむことで、より深く物語を楽しむことができ、チェンソーマンの世界観にどっぷり浸ることができます。

是非、アニメと漫画の両方を楽しんでください。

あわせて読みたい
チェンソーマンのアニメは漫画のどこまで?続きは何巻の何話から読めばいい? チェンソーマンのアニメは何話まで放送されたんだろう? 気になる続きは、漫画の何巻、何話から読めばいい? そんな方たちのために本記事ではチェンソーマンのアニメに...

漫画「チェンソーマン」に関するよくある質問(FAQ)

漫画「チェンソーマン」の単行本全巻の値段はいくら?

全16巻まで発売されており、定価7,920円です。

漫画「チェンソーマン」全巻を安く読む方法は?

電子書籍アプリのAmebaマンガなら、初回限定50%即時還元クーポンを利用することにより、全16巻を3,420円(税込)で読むことができます。

漫画「チェンソーマン」の電子書籍が安いおすすめアプリまとめ

漫画「チェンソーマン」全巻をいくらで読めるのかについて紹介いたしました。

単行本の新品をまとめ買いするよりも、電子書籍アプリの初回限定クーポン等を利用することにより、安くお得に読めることもお伝えしました。

漫画「チェンソーマン」全巻を最安値で読みたい人へのイチオシはAmebaマンガです。

今なら無料会員登録するだけで「100冊まで50%即時還元クーポン」がもらえるため、自分の好きな漫画全巻をまとめ買いしたい方には必見です!

⇒ Amebaマンガの公式サイトはこちら

本キャンペーンは予告なく終了する可能性がありますので、その都度、公式サイトでご確認ください。

また、漫画「チェンソーマン」全巻のまとめ買いだけではなく、コンスタントに漫画を安く読みたい人へのオススメはebookjapanです。

PayPayポイントの還元率が高いので、お得にお買い物ができます!

⇒ ebookjapanの公式サイトはこちら

ぜひ、この記事を参考にしていただき、漫画ライフを楽しんでいただければと思います。

目次