ブルーロックをお得に安く読むには電子書籍の全巻まとめ買いがおすすめ

ブルーロックは金城宗幸先生とノ村優介先生によるサッカー漫画で、週刊少年ジャンプにて連載が開始され、現在は単行本も累計発行部数2,150万を突破しています。

アニメ化で更なる人気を獲得した大ヒット漫画です。

この記事では、漫画「ブルーロック単行本の紙書籍と電子書籍、それぞれ全巻の値段がいくらかを比較し、お得に安く大人買いができる電子書籍について紹介します。

ブルーロックの単行本は、電子書籍サービスのebookjapanなら、全27巻を11,850円(税込)でまとめ買いできます!この値段は、紙書籍より、2,472円お得に安く読むことができます。

漫画「ブルーロック
お得に安く読めるのは
ebookjapan
今なら全巻

11,850円(税込)

ブルーロックがお得に安く読める電子書籍 /

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

目次

漫画「ブルーロック」全巻の単行本は紙書籍と電子書籍のどちらが安い?

まずはじめに、ブルーロック単行本全巻の紙書籍と電子書籍、それぞれの値段について調べ比較しました。

漫画を読む方法全巻値段(税込)
紙書籍14,322円
電子書籍11,850円
単行本全巻の価格比較

上の表に示したように、紙書籍(定価)が14,322円(税込)、電子書籍(最安値)が11,850円(税込)となり、価格差は2,472円となります。

よって、電子書籍での全巻まとめて大人買いをすれば、お得に安く買えるということがわかりました。

それぞれの詳細について以下に記載しますので、ご確認ください。

紙書籍で全巻をまとめ買いした場合

紙書籍の最新刊は27巻まで発売されており、次巻28巻の発売日は未定となっています。

紙書籍で全巻をまとめ買いすると定価14,322円(税込)になります。

そこで、漫画「ブルーロック」全巻新品まとめ買いの値段を知名度の高い通販サイトで調査してみました。

そこで、漫画「呪術廻戦」全巻新品まとめ買いの値段を知名度の高い通販サイトで調査してみました。

通販サイト全巻値段(税込)
Amazon14,322
漫画全巻
ドットコム
14,322
アニメイト14,322
楽天市場14,322
Yahoo!
ショッピング
14,322
ヨドバシカメラ14,322
通販サイト比較

このように、調査時点では、Amazonや他のネット通販でも出版物再販制度などにより、同じ価格(定価)であることがわかりました。

しかし、漫画「ブルーロック」の単行本の場合、売り切れてしまい、次の入荷を待つという可能性もでてくるかと思います。

電子書籍で全巻をまとめ買いした場合

電子書籍の最新刊は27巻まで発売されています。

全巻を読む場合、紙書籍だと合計14,322円(税込)かかりますが、電子書籍アプリ最安値のebookjapanなら、通常全巻の値段は14,850円(税込)です。

さらに今なら、初めてログインした人に「70%OFF×6回使えるクーポン」がもらえるため、電子書籍で全巻まとめ買いすると11,850円(税込)になります。

巻数クーポン値段(税込)
1巻と2巻
同時購入
利用600円
3巻と4巻
同時購入
利用600円
5巻と6巻
同時購入
利用600円
7巻と8巻
同時購入
利用600円
9巻と10巻
同時購入
利用600円
11巻と12巻
同時購入
利用600円
13巻から27巻
同時購入
なし8,250円
全27巻70%OFFクーポン
6回利用
11,850円
70%OFF×6回クーポンの使い方

結果、「ブルーロック」の単行本は、紙書籍より、電子書籍の方が2,472円安く読めるということになります!

ブルーロック全巻を最安値で読みたい人には電子書籍アプリのebookjapanがおすすめです。

漫画「ブルーロック
お得に安く読めるのは
ebookjapan
今なら全巻

11,850円(税込)

ブルーロックがお得に安く読める電子書籍 /

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

しかしながら、今まで紙書籍でのみ漫画を読んでいた方は、電子書籍にはまだ抵抗がある人も少なからずいるかと思います。

実際には紙の単行本を購入して読むより、安いだけではなく、その他にもたくさんのメリットがあるんです!

電子書籍のメリット
  • 単行本より安い
  • ダウンロードすることにより、いつでも好きなところで読める
  • キャンペーン・クーポン等が利用できる
  • 購入前に試し読みができる本が多い
  • 単行本を置くスペースがいらない
  • 在庫切れがない
  • 本屋にない書籍でも購入できる
  • 文字のサイズやフォントを変えられる

このようにたくさんのメリットがありますので、漫画「ブルーロック」全巻を1番安く読みたい人は電子書籍アプリでまとめ買いすることをオススメいたします!

ブルーロックの全巻をお得に安く読めるおすすめ電子書籍アプリ5選

漫画「ブルーロック」全巻をまとめ買いする場合、1番安く読める電子書籍アプリは、ebookjapanになります。

以下に、これから電子書籍を毎月コンスタントに利用したいと考えている方へ、知名度が高く、品揃え・使いやすさ・還元施策などが豊富で、大手企業が運営していて安心して利用できる漫画アプリを厳選し、各サービスの特徴やオススメポイントについて説明いたします。

電子書籍アプリはたくさんの種類があり、どのサービスを利用したらいいかわからない人も多いかと思いますが、ぜひ、参考にしていただき、ご自身にあった漫画アプリサービスを選んでください。

漫画「ブルーロック」
全巻最安値は
ebookjapan
11,850円(税込)

電子書籍
アプリ
全巻値段
(税込)
対象クーポン
ebook
japan
6回まで70%OFF
(最大3,000円割引)
DMM
ブックス
90%OFF
(最大2,000円割引)
コミック
シーモア
70%OFF
(1冊まで)
Ameba
マンガ
50%即時還元
(100冊まで)
まんが
王国
毎日最大50%P還元
電子書籍アプリの比較

※2024年1月調査時点の情報となります。 最新情報はその都度、各公式サイトにてご確認ください。

ebookjapanなら3000円分割引でお得に読める

ebookjapanは、ヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同運営を行っている電子書籍サービスで、PayPayポイントの還元率が高いため、コンスタントに漫画を安く買いたいと考えている方にはオススメです!

おすすめポイント
  • 購入6回まで使える70%OFFクーポンがもらえる
  • 無料で読める作品が多い
  • キャンペーンや割引クーポンの配布などが豊富
  • PayPayポイントの還元率が高い
  • 本棚に収納しているような感覚で背表紙を表示できる

初回登録時、購入6回まで使える70%OFFクーポンがもらえ、1回のお買い物で最大500円まで割引できます。

簡単に説明しますと、読みたい漫画を全巻購入する場合、数回に分けて購入することにより、最大3,000円の割引で購入することができるんです!

とにかく還元策が豊富で、特にYahoo!プレミアム会員の方やソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーであれば、PayPayポイントの還元率が高くなりお得にお買い物ができます。

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

漫画「ブルーロック
お得に安く読めるのは
ebookjapan
今なら全巻

11,850円(税込)

ブルーロックがお得に安く読める電子書籍 /

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

DMMブックスならなら2000円分割引でお得に読める

DMMブックスは、「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍サービスで、現在は98万冊以上の作品を取り揃えており、漫画、小説、雑誌、実用書など、さまざまなジャンルのコンテンツを幅広く提供しています。

おすすめポイント
  • 初回購入限定90%OFFのクーポンがもらえる(上限割引額2,000円)
  • 無料で読める作品が毎日更新
  • BLやTL作品が豊富
  • 対象本を読むことで、毎日30%ポイント還元
  • DMM JCBカード新規入会で10,000ptがもらえる

漫画の無料試し読みをはじめとして、初回購入限定で、90%OFFのクーポン(上限割引額2,000円)を獲得できる魅力的なメリットがあります。

コミックスだけでも少年・青年・大人向け、少女・レディース・ロマンスと充実しており、BLやTLも網羅しています。

その他、文芸・ラノベにビジネス・実用、写真集もあります。

また、読んでレビューを投稿すると10pt(最大500pt)もらえるキャンペーンを実施しているので、こちらの参加もおすすめです。

⇒ DMMブックスの公式サイトはこちら

コミックシーモアなら月額メニュー登録で最大20,000P還元

コミックシーモアは、NTTのグループ企業であるNTTソルマーレ株式会社が運営する電子書籍サービスで、ほぼ全ての作品をいち早く手に入れられますので、漫画好きなら1度は試して欲しいサービスです!

おすすめポイント
  • 1冊だけ使える70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニュー登録後、全ポイントが還元される
  • 無料で読める作品が多い
  • 先行配信作品が多い
  • 楽天ポイントが使える

コミックシーモアには新規登録キャンペーンがあり、お得な特典が2点あります!

  • 特典① 70%OFFクーポンGET
  • 特典② 月額メニュー全額お返し

新規無料会員登録すると1冊だけ使える70%OFFクーポンがもらえます。

そして、月額メニューに新規登録された場合は、後日、登録メニュー分の全ポイントが最大で20,000ポイント還元されますので、実質無料で漫画を購入することができます。

また、ポイント等を購入してからの購入ではなく、直接料金を支払う事ができる為、少額の商品から気兼ねなく購入する事が出来るのも嬉しいポイントです!

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

⇒ コミックシーモアの公式サイトはこちら

ブルーロックの電子書籍はレンタルできる?

漫画「ブルーロック」は電子書籍のレンタルサービスがあるサイトでは、取り扱いがありませんでした。

  • Renta!(購入のみ)
  • コミックシーモア(購入のみ)

漫画「ブルーロック」を電子書籍で読む場合は、購入する必要があります。

ブルーロックを読み放題できるサービスは?

漫画「ブルーロック」は電子書籍の読み放題を行っているサービスでも、対象外の作品でした。

  • kindle unlimited(購入のみ)
  • コミックシーモア(購入のみ)
  • BOOK☆WALKER(購入のみ)
  • auブックパス(購入のみ)
  • ブック放題(取り扱いなし)

漫画「ブルーロック」の電子書籍は、購入のみの取り扱いです。

ブルーロックのあらすじ

サッカーのワールドカップで、日本が優勝するために立ち上げられた監獄プロジェクト「ブルーロック」。ここでは、絵心甚八によって選ばれた、よりすぐりの若きFW選手たちが招集されていた。主人公の潔世一はその1人。潔は、高校サッカー県大会の決勝で敗れていた選手だった。全国への切符を逃したことで、打ちひしがれる潔だったが、そんな彼の元に日本フットボール連合から、強化指定選手の通達が届く。そして、潔は世界一のストライカーになるべく、このブルーロックに挑むこととなった。しかし、ブルーロックは想像を絶する厳しさの世界だった。それは、まさにサッカーという名のデスゲーム。集められた300人の中から、たった1人のストライカーを選ぶために集められた監獄だったのだ。

作品名ブルーロック
ジャンル少年・青年漫画
作者原作:金城宗幸
作画:ノ村優介
出版社講談社
掲載誌週刊少年マガジン
巻数最新刊27巻
外部リンクWikipedia
漫画「ブルーロック」基本情報

ブルーロックの見どころ

漫画「ブルーロック」の見どころを3つ紹介します。

  • 熾烈なメンバー同士の争い
  • それぞれの個性が爆発
  • 主人公・潔の成長が凄い

熾烈なメンバー同士の争い

ブルーロックの1番の見どころは、メンバー同士の熾烈な争いです。入寮テストのオニごっこから、その熾烈さが分かってきます。自分以外はみんな敵!という感じで、ただの鬼ごっこなのに緊張感がハンパないんです。その後は、チームに別れて戦うことが増えていくのですが、ここでもメンバーの蹴落とし合いが出てくるので見逃せません。自分が勝ち残るために裏切りなども発生してくるので、読んでいてドキドキハラハラが止まらなくなります。

それぞれの個性が爆発

ブルーロックに集められたメンバーは、世界一のストライカーを目指しているだけあって、みんながサッカーの天才です。何かしら秀でたサッカーの才能を持っていて、戦うたびにそれが強化されていきます。そして、それぞれのキャラクターが個性豊かで、とにかく面白いので注目です。主人公だけでなく、それぞれのメンバーの過去などもフューチャーされていくので、そこが分かってくるとより面白くなっていきます。メンバーが多いからこそ、自分だけの推しが見つけられるのでオススメです。

主人公・潔の成長が凄い

主人公の潔は、ブルーロックに入った当初、ランクは299位という残念な結果の持ち主でした。しかし、ブルーロックで戦うようになって、どんどんと覚醒していきます。最初は何の才能もないと嘆いていた潔でしたが、自分には適応能力があることに気づいてから、メキメキと頭角を現していくのです。3次選考では、ついにランク1位にまで上がってくるので、どんどんと強くなる潔からは、目が離せなくなると思います。

ブルーロックの感想

40代女性

物語は埼玉の高校サッカーの県大会決勝、主人公の潔世一が所属する一難高校がライバル校に敗退した所から始まります。監督や今までの経験から「サッカーはみんなでやるもの、ワンフォーオール・オールフォーワン」の言葉を大切にしてきたが故の敗北。試合の最後のシュートを自分がシュートできる位置に居ながら味方にパスを出し、その味方がシュートを外した事で試合を落としてしまいます。試合後、味方にパスを出した事に後悔の念に駆られる潔。気落ちしながらも学校から帰ってくると、日本フットボール連盟から「指定強化選手の合宿」への案内が届いている事を知り、潔は自身の夢である世界一のストライカーになるべく招集に応じる決意をします。迎えた初日、指定場所に向かうとそこに集まっていたのは約300人のストライカー、潔が決勝で敗れた相手である吉良の姿も。戸惑う選手達の目の前に現れたのは絵心甚八と名乗る男、彼は日本をW杯で優勝させる為日本フットボール連盟に雇われた人物。そして彼は潔達に「世界一のストライカーになりたいなら、世界一のエゴイストでなければならない」と言い、選手達に外界から遮断されたサッカーの為だけの施設「青い監獄(ブルーロック)」での生活を強制します。この物語は追い求めた夢の為、青い監獄の囚人として過酷なバトルロワイヤルを繰り広げる個性豊かな仲間やライバル達と主人公の話です。魅力は何と言っても「イカれたサッカー漫画」というキャッチコピー。自他共に認められているそのキャッチコピーの名に違わず、現実ではあり得ないような試練が主人公達に課せられます。普通のスポーツ漫画とはひと味違う漫画といっても過言ではないでしょう。また、個性的なキャラクターも魅力の一つ、彼らの過去やサッカーに対する思い。性格や背景なども細かに表現されており、人間臭さが感じられ惹かれる事間違いなし。ありきたりなスポーツ漫画には飽きてしまった人、サッカーが好きな人。頭脳派で戦略を練るのが好きな人などにもオススメの漫画となっています。

他の感想はこちら
30代男性

圧倒的な世界観が楽しめる内容だから凄くいいですよね。男の子が読んだらぜったにハマるであろう内容だし、現代の日本サッカーの問題点をズバッと上げてくれている感じの作品だから凄くリアルで面白いです。本当にこんな世界観があったらどうなるんだろうって思いながら、やっぱり個の力って大事ですよね。日本人はもっとエゴイストが増えてもいいと思う。本田圭佑さんのようなFW選手がこの作品を読んででてきてほしいとおもわずにはいられません。キャラクターも豊富でみんな個性的で凄くいいし、冒頭から覆しをどんどんだしてくれるから全く持って予想がつかない展開で見ていて楽しませてくれるからいいですよね。どんどん面白くなっていくし見どころもたくさんあるからのめり込んでしまいますよね。サッカーをやっている人もそうでない人も楽しめる内容だから、ぜひ読んでみてほしい作品ですね。ベスト16の壁を突破できない理由もやっぱり自分も作者さんが言うようにこの力が不足していると思うので、こういう結構独特な作品が増えて嬉しいですね。話としてもサクサクっと進む感じが面白くて見応え十分でいうことありません。これからに期待してよんでいきたいですね。

40代男性

ブルーロックは世界に通用するストライカーの育成をする為、高校生の中から有望な選手を集めふるいにかけます。絵心甚八なる元プロサッカー選手が言うには、ストライカーはわがまま、エゴがない日本人は世界で通用するストライカーになるのは厳しいとの事。たしかに日本人のサッカー選手は、第三国の選手と比べて恵まれてます。少年サッカーにおいては、保護者がちゃんと見守り 運営されています。ブラジルはサッカーが強いですが、子供たちのサッカー環境は日本ほど恵まれていないでしょう。ですが、サッカーが強くなるのは何故か?ブルーロックを見てハッとしました。ブラジルの国民性もあるでしょうが、サッカーをするには良い意味でわがままになれるのでしょう。日本人は協調性を重んじます。ブルーロックの世界観とは異なります。しかし、協調性を求めていても世界に通用するようなストライカーは誕生しないのでしょう。そう考えてるうちにブルーロックは現実の日本サッカーの将来を見据えたアンチテーゼではないかと思いました。主人公の潔世一は良い意味でどんどんエゴを持つようになってます。意識して持つと言うより、心の底から湧き出たと言う感じでしょうか。日本の未来のサッカーにブルーロックが役立ちそうです。

50代男性

サッカーをしてる息子が夢中になってみています。登場するキャラクターが多く、正直 私は全キャラクターを覚えられませんが、とても面白いです。主人公の潔世一はチームではそこそこの選手でしたが、ブルーロックに招集されるとその他の選手のレベルの高さに落胆してました。しかし、何とか審査を勝ち進み、良いプレーヤーになっています。スキルもそうですが、精神的な成長も見られ良いと思いました。特に彼の持つ空間認識能力はサッカー選手にはかなり有益だと思います。中村俊輔選手もその能力に長けていたと耳にした事があります。なのであんなに長くプロで活躍できたのでしょう。あと興味深い選手は蜂楽廻です。彼は独創的なドリブルをします。彼の見せる創造性豊かなドリブルは現実世界のサッカーでも出来そうなものです。勿論、簡単ではありませんが、真似したくなります。空中エラシコなどはうちの息子も練習しマスターしました。ブルーロックはうちの息子だけではなく、サッカーをする少年少女へ少なくない影響を与えていると思います。楽しみながらサッカーが上手くなるって理想です。子供たちも親もハッピーです。もっと色んな技やヒントを現実世界のサッカーに与えて欲しいです

20代男性

本作品は、サッカーをテーマにした青春ストーリーです。金城宗幸によって書かれたこの本は、夢に向かって努力する若者たちの姿を描いています。この本を読んで、自分も努力の大切さを改めて感じました。主人公たちが直面する困難や挑戦は、私の日常生活における小さな問題とは比べ物にならない。しかし、彼らの粘り強さと情熱は、私の心に強く響きました。一つのことに真剣に取り組んでいる描写は目頭が熱くなり、どんどん次の展開が気になります。読んでいて、自分も何かに打ち込みたいという気持ちにさせられました。サッカーへの情熱、仲間との絆、競争の厳しさがリアルに伝わってきて、まるで自分もその場にいるような感覚になりました。この物語の中で、主人公たちは常に問題に直面し、それに立ち向かう。私も人生で多くの挑戦に直面します。この本を読んで、私は自分自身の問題にもっと積極的に取り組むべきだと感じました。特に印象的だったのは、主人公が逆境を乗り越え、成長する場面です。私自身も学校やアルバイトで苦労しているが、この物語を通じて、逆境は成長のチャンスであると改めて学びました。この本を読む前と後では、自分自身に対する考え方が大きく変わった、そう思えるような作品です。最後に、大きな刺激となったこの物語から学んだ教訓は、これからの人生で必ず役立つだろう。私は、この本に出会えたことに感謝し、これからも挑戦し続けること。そして、私も主人公のように、困難を乗り越えて成長していくことができたらと思いました。

20代男性

今までのサッカー漫画にない、かなり斬新な設定のサッカー漫画です。主要キャラからモブキャラに至るまでかなり詳しくキャラ設定がされており、個性豊かなメンツが揃っているのは見ていて面白いです。賛否両論ある過激な発言の数々ですが、エゴイストを求める本作品にはなくてはならない表現であると感じるため、一見侮辱や過激表現でも必要なものであると私は思いました。現実に存在するサッカー選手に対する否定的なコメントなども作中には存在するため、そう言ったものが苦手な人には厳しい、人を選ぶ作品だと思いました。また、この作品のいいところとしてあげられるのは、スポーツ漫画にありがちな成り上がりものでないことです。主人公は最初こそブルーロック内ではかなり下の位置として描かれていましたが、そもそも彼は県内ではかなりの実力者という設定であり、才能の原石そのものなのです。そう言った背景があるからこそ、フィクションとして楽しめると言った側面があります。作中のプレイについては、実現するのがかなり難しそうなプレイばかりなので、若干超次元サッカーよりです。ただ、視野の使い方をはじめとして、サッカーをしている人からもプレイヤー視点で学びがあるというのも良かった点として挙げられます。

30代男性

この作品はやっぱりキャラクターたちがとても魅力的だなぁと言うふうに感じました。主人公の潔与一と言うキャラクターがいるのですが彼がめちゃくちゃかっこいいです。なんとなくですが日本代表の三苫選手に似てるような感じに見えて2人のことを重ねて見てしまっています。何に対しても貪欲であきらめない精神力を持っているので非常に応援したいキャラクターの1人です。彼が自分の才能に気がついてシュートを決める姿には本当に感動してしまいましたね。最初はストライカーとして失格とまで言われていたキャラクターがどんどん成長を遂げていく進化を見るのが非常に楽しい作品になっているので先の展開から目が離せないこと間違いなしだと思います。シュートシーンでの躍動感あふれる描写の数々は本当に面白いものでどんどん彼に対して好感が湧いてくること間違いなしです。その他にも魅力的なキャラクターをたくさんいてバチラというキャラの天真爛漫な姿にはなんだかすごく好感が湧きましたね。彼がいることでチームワークがすごく良くなってくるのを感じるので、こういうムードメーカーが入るとやっぱり面白いですよね。ブルーロックに集められたいろいろなサッカープレイヤーたちが、しのぎを削っている姿を見るとこういう施設が現実にも本当にあったら絶対に日本はW杯で優勝できるのになぁとつくづく感じてしまいます。

20代男性

やっぱりサッカーと言うものは奥が深いんだなぁと言うことをこの作品を読んでいて改めて実感することができました。というのもやっぱりフォワードが点をとってこそ成り立つスポーツだと言うことを強くこの作品で示してくれていたのですごく興味深かったです。日本の最大の弱点と言うのはやっぱり得点力の低さだと思うので、そういうことをこの漫画を通じて強く世間に発信してくれていると言う事はすごく良いことだなぁと言うふうに感じましたね。なかなか点が取れない決定力がないと言うことをシビアに受け止めて、この作品の中に落とし込んで面白く世間に発信してくれている姿はなんだかとても感動できますね。日本人が点が取れない理由として1番に上がっているのはやっぱり譲り合いの精神のところを強く語っているところが非常に面白い要素になっていると思います。外国人の場合エゴが強いことで自分が得点を決めてやると言う強い気持ちを持っていることが作用してストライカーが生まれやすいと言うことを示してくれていたので、日本の文化から見直さないといけないと言うところが非常に面白いように感じました。日本代表の試合何かを見ていくとやっぱりパスを回して責任転嫁しているようにしか見えないので、そういうところもいろいろと関係しているのでしょうね。

30代男性

このブルーロックと言う作品はテレビで紹介していたのがきっかけで知ることになったのですが内容がめちゃくちゃ面白いものに仕上がっていたのですぐにはまることができましたね。正直言ってサッカーに対してあまり詳しい知識は持っていなかったのですが、この作品を読めば読むほどいろいろなサッカーに関する情報を知ることができて非常に面白いです。実在の名選手の名前などが作中いろいろ出てくるので、すごくリアリティーがある展開に胸が躍りましたね。メッシやクリスティアーノ·ロナウドがワールドカップで優勝したことがないと言う事までも作中で描かれていたのですごく踏み込んだ作品になっているんだなと言うことを強く感じました。あとやっぱりブルーロックと言う謎の施設のことが色々と物語を通じて、わかってくるのでそこに焦点を置いていくとより物語を楽しめると思います。アルファベットに分類されたチームごとに試合を行って勝ち進んでいくと言う展開が巻き起こっていくのですが、そこでのチームワークだったり仲間との絆みたいなものが色々と描かれていて非常に面白い作品だなぁと感じました。最初はバラバラだったキャラクターたちがお互いのことを尊重し合ったりする心の変化の部分が非常に面白い作品です。

30代男性

ブルーロックと言う特殊なサッカー施設に集められたサッカープレイヤーたちが活躍する物語なのですが、この作品はなんだか現実の世界とリンクしてるようなリアル感を描いてくれているのでどんどん物語の中に没入することができました。と言うのも日本代表がワールドカップで全然勝てないと言うことをシビアに捉えていて、いろいろな角度からその分析を行っているからすごく感心することばかりです。日本にはストライカーがいないというのが1番のネックになっていると言うことを作中語ってくれるのですごく心に響きましたね。確かにサッカーでは点を取らないと試合に勝てないと言う事はあるでしょうが、その点取屋がいないというのが1番の問題だと言うことを物語の中で発言しているのですごくその気持ちはよくわかりました。そのための施設としてブルーロックと言う特殊な環境にフォワードたちを集めてしまう感じが非常に面白いなと言うふうに感じましたね。物語の展開がすごく不思議な感じに流れていくので、見ていてあっと驚くことがたくさん出てくるのがすごく興味深いところです。この施設で脱落したものは2度と日本代表にはなれないという重い枷をはめられる姿も印象的でした。

20代男性

私は最近、『ブルーロック』というサッカー漫画を読みました。この漫画は、サッカーをテーマにした作品で、そのテンポの速さから、とても読み進めるのが早く、ついつい読み進めてしまいます。これまでのサッカー漫画のイメージとはまるで違い、驚きを感じました。この漫画には、主人公の感動的な変化があり、強敵を待つことができないほどに魅力的でした。また、サッカーとデスゲームを組み合わせた独特のストーリー展開は、興奮と恐怖を感じさせ、何度も読み返したくなりました。
そして、21世紀以降、私は『ジャイアントキリング』以外に、新しい面白いサッカー漫画はないと思っていましたが、こんな面白くてホットなサッカー漫画があるとは思いませんでした。サッカーのルールを知らない人でも、この漫画は楽しめます。絵が美しく、読みやすいからです。
私はこの漫画が、人々が民族の尊厳や性格を軽視することに対して、どのように設定されるのか、非常に楽しみにしています。キャラクターは強く、イメージも素晴らしいです。サッカーのルールを知らない私でもこの漫画を読むのが楽しいです。イラストが美しく、読みやすいです。
この漫画は、自国の尊厳や性格を軽視する人たちを育てるためにどのように設定されるか、とても楽しみにしている漫画です。キャラクターたちの描写とイメージがとても強烈で、私は本当に楽しみにしています。

20代男性

「ブルーロック」は、井上悟によるサッカー漫画作品であり、週刊少年マガジンにて連載されている。この作品に対する感想について述べたいです。まず、この作品の最大の魅力は、キャラクターたちの熱い戦いにある。主人公の桜井海は、日本のトッププレイヤーたちが参加するプロジェクト・ブルーロックに選ばれ、世界一のストライカーになることを目指すことになる。そのためには、激しい競争が待ち受けており、他の参加者たちとの熱い戦いが展開される。キャラクターたちが、それぞれ自分の強みや技術を駆使しながら、自分の目標に向かって奮闘する姿は、非常に感動的であり、読者を引き込む要素がたくさん含まれている。また、本作品は、サッカーの魅力を存分に描いていることも魅力の一つである。緻密な戦術や、個性的なプレイヤーたちの技術、激しいフィジカルコンタクトなど、サッカーの試合中の様々な要素が描かれており、サッカー好きな読者にはたまらない作品となっている。さらに、本作品は、プロスポーツ選手としての覚悟や努力の大切さを描いていることも魅力の一つである。プロジェクト・ブルーロックに参加することで、海は自分の弱点や課題に向き合うことになり、それらを克服するために様々な努力を重ねることになる。その過程で、彼が獲得した覚悟や、チームメイトたちとの絆など、サッカー以外の部分にも目を向けた作品となっている。最後に、本作品は、青春の熱さが存分に詰まった作品であると言える。主人公たちが、それぞれの目標に向かって懸命に努力し、そして、それを支える友情やライバル意識、そして、大人になるための成長を描き出しています。

40代男性

現在の日本代表の課題であるFW不足(決定力不足)に焦点を当て物語はスタートする。集められたのは全国でも有数のFWの原石たち。FWしかいないサッカー漫画というのも前例がない。とにかく自らのエゴを追求していく本作は、これまでのサッカー漫画にはない暗い好奇心を刺激され、そこがまた一風変わってておもしろい。我を貫くことを良しとしない日本の風習においては、主人公の性格が悪くなっていくようにも思えるかもしれないが、純粋に「やりたいこと」を遠慮なく出すことができるようになっていく様はFWとしてはもちろん、人間としての成長性をしっかり感じ取ることができる点も評価したい。漫画として気になる点は、強さのインフレを今後どう表現していくのかという点がとても気になるところ。国内で「プロ」と呼ばれる人たちと、ブルーロックに集められた精鋭たちとの実力差をどの程度のギャップで埋めていくのか。そして、全国のプロの実力とは・・。スポーツ問わず、格闘漫画全般においても同様にはなるが、初期メンバーでの実力を飛び抜けた存在にしてしまった場合、後発のキャラが現れるとどうしてもかませ犬を量産してしまうだけになってしまうため、今後、強さのインフレにおける課題をブルーロックはどのように覆していくのか先の展開がとても気になる作品である。

30代男性

サッカーを新たな切り口から描いたマンガになっています。従来のフォワード像がいかに時代遅れで、未練をフォワード像はこういうものだというのを、エゴイストという観点から描かれています。かといって、エゴイスティックな性格というものが色々なキャラクターの性格に落とし込まれて描かれているので単調なものにはなっておらず面白いと思います。しかし、最近では段々と表現が誇張されています。出てくる選手が既に世界のトップ規模の選手であったり、目が黒くビリビリと光だしたり割と誇張されたエフェクトが使われています。なので、リアルなサッカー漫画が好きという人にはあまり向いてないと私は思います。細かいところで言うと、ゲームのように現実の選手が名前を変えられて登場しているので、そういうところがちょっと無理かなという人もいるかもしれません。私の印象的には、フォワード版のアオアシのような感じでもあり、またイナズマイレブンのような読みやすさやわかりやすさみたいなものがあるんじゃないかなと思っています。そういった点からも、キャラクター性、わかりやすさという点からも女性人気はとても高い印象を受けています。私的には、ブルーロックに参加したところから、u20日本代表との試合までは、サッカーをやってる人や好きな人にもおすすめだと思います。特に中学、高校生からプロを意識したサッカーをしてる海外の肌感覚を感じるのには良い教材にもなるのかもしれません。

20代女性

連載当初から読んでいますが話が進めば進むほどワクワクさせてくれる漫画だな、と思っています。私自身は今までサッカーにはほとんど興味がなかったのですがあまりサッカーの知識がない人間でも楽しめる作品です。個人的には、キャラクター一人一人に様々なバックボーンがあり話が進むごとに各キャラクター毎のストーリーが紐解かれていくので
感情移入もしやすく、とても読みやすい。特にこの作品の要であるサッカーという部分においてもあまりにも非現実的なことが起こるわけではなく努力でここまでできるようになった、という描写があり純粋なスポーツ漫画としても完成度が高いと思いました。個人的に今まで(最新話)のストーリーの中で一番気に入っている部分は主人公、潔くんの成長です。突然脅威的な力を取得するわけではなく挫折をしながら沢山の人物と出会い、その中で自分自身と向き合い成長していくのがとても面白い。序盤は地元で有名だったサッカー少年、そしてそこから徐々に出会う人物もパワーアップしていくので対戦相手が変わるたびに潔くんの成長を感じることが出来ます。ちなみに私の推しキャラクターは潔くんとかなり最初に出会う蜂楽くんです。彼は潔くんとは違い、才能の部分が大きいキャラなのかと思っていましたが話が進む中で彼の葛藤や、どんな場面でも全力でサッカーを楽しむ姿勢に心打たれました。他にも沢山好きな部分はあるのですがストーリー、絵など総評して非常に完成度の高い、面白い漫画だと思っています。

30代男性

ブルーロックという施設に集められた全国の高校生FW300名の生き残りを賭けたサバイバル要素のあるサッカー漫画でとても見ごたえがありました。主人公の潔がこれといって自分の武器がないという状態から空間把握能力という自分の能力に気づいて成り上がって行くところが面白いです。ブルーロックに集められたキャラクターも個性的でした。ドリブルを武器とする蜂楽が個人的には好きです。また、潔の相棒といった感じの雰囲気があり、お茶目な一面も漫画の中で描かれていて好きです。他にも足が速いキャラクターや、フィジカルを武器とするキャラクターや天才的なセンスを持つオールラウンダーなキャラクターなどが出てきてそれぞれが必死にプレイする姿は、好感が持てます。施設内でのサバイバル要素を含んだプレイでは脱落者が出ると思うとハラハラします。施設内でのゲームには、試合以外にも生き残りをかけたゲームが行われるので飽きずに見ることができました。主人公がどんどんライバルたちとのプレーで成長を魅せるところが見どころです。それに負けじと同じチーム、敵チームも影響されて試合の中で成長するところが良いです。覚醒した時の描写が独特で見ごたえがあります。

40代男性

今、現在やっているサッカーの漫画は一番面白い漫画ではないでしょうか?今まではキャプテン翼を越えるサッカー漫画はないと思っていました。しかしこのブルーロックはキャプテン翼を越える漫画だと思います。一人一人のキャラクターが個性も強くてインパクトがあります。主人公は最初それほどサッカーの実力はありませんが成長するにつれてどんどんサッカーの実力を付けてどんどんうまくなります。最初の方はランキング形式でどんどん仲間だったキャラクターを蹴落として進んでいきます。腹黒いやつもいたりするのでハメて蹴落としたりもします。いろいろな人間性を見ることができて面白いです。まだまだ続く漫画だと思いますが先が楽しみです。ちなみに自分の一番好きなキャラクターは千切豹馬と凪誠四郎です。千切豹馬とにかく足が速い。見た目もとてもクールですがとても熱い男でかっこいいです。凪誠四郎は最初はサッカーに興味もなく何となく御影玲王に誘われてサッカーをやりだします。最近の方は何も考えずボーっとしていてますが主人公の潔与一と出会いサッカーの魅力と負けることがすごく嫌いなことに気付きこのキャラクターも熱い男になります。他にも好きなキャラクターはいっぱいいますが面白いキャラクターがいっぱいです。

20代女性

とにかく面白い!!!サッカーを知らない人でも十分に楽しめるサッカー漫画です。なさそうでありそうなぶっ飛んだ設定や攻めた発言がとても面白いです。「真のエゴイストのみが一流のエースストライカーになれる」といった発言にはゾクゾクさせられました。また、チームの勝利のためではなく己のゴールのためだけに貪欲にサッカーをプレイするプレイヤーたちのバトルは見ていてとてもハラハラドキドキさせられ、次はどんな進化を見せてくれるのか!?と常に読者をワクワクさせてくれます。出てくるキャラはイケメンが多いし、それぞれ得意なプレーも違うので推しキャラの成長過程を応援しながら読むのも楽しみ方の一つです。話が進んでいくにつれて、意外な人物が最後まで生き残ったり、意外な人物が消えたり、サッカー漫画だけれど、普通のサッカー漫画とは違うサバイバル要素も含まれていて、そこもこの漫画の面白いところです。そのうえ、スケールや、世界観がとても大きなお話で見ていてとても気持ち良いです。とても面白い漫画なので実写化してほしいのですが、あまりにも面白いので、フィクションではなく、近い将来、この漫画の世界と同じようなことが起こると嬉しいなと日本のサッカーの将来に期待してしまいます。

40代男性

息子がサッカーをしてるので見ています。キャプテン翼のような非現実的なプレーがなくてサッカーの勉強になりますし、実際にYouTubeなどえブルーロックで見られるドリブルやトラップを実践するサッカー系YouTuberもいます。そのYouTuberもブルーロックのおかげで再生回数を稼げていると思います。この漫画の設定は、有望な高校生のサッカー選手を世界に通用するストライカーに育てると言うものです。しかし、集められた選手を審査し、どんどんふるいにかけていきます。審査は何度も行われ、審査に落ちるとドロップアウトし、その選手のサッカーの将来が閉ざされると言うものです。なので集められた選手は必死です。みんなライバルです。そのライバル同士でチームを組み試合もします。無論、そこでみんな爪跡を残そうとし、自分勝手なプレーをしがちになります。しかし、負けてしますとそのチームはドロップアウトが確定するので、協力し合い、頭も使ってサッカーをしてる印象です。審査が進んでいくなかで、選手がどんどん成長していき、見事なシュートを決めるところが痛快です。ドリブルやトラップなど、現実世界でサッカーをしてる人にヒントを与えてくれるプレーもあります。

アニメ「ブルーロック」1期は漫画のどこまで放送された?

ブルーロックのアニメ1期は漫画のどこまで放送されたのかが知りたい!

そんな方たちのためにブルーロックのアニメについて紹介します。

アニメ化された1期は、原作漫画の一部を忠実に再現していますが、全てのエピソードをカバーしているわけではありません。

原作漫画の11巻94話までのエピソードをカバーしています。

つまり、アニメを視聴した後は、12巻95話以降の漫画から続きを読むことができます。

ただし、アニメと漫画では表現方法や描写が異なる場合もありますので、注意が必要です。

アニメと漫画の両方を楽しむことで、より深く物語を楽しむことができ、ブルーロックの世界観にどっぷり浸ることができます。

是非、アニメと漫画の両方を楽しんでください。

あわせて読みたい
ブルーロックのアニメは何巻のどこまで?続きは漫画の何話から読めばいい? ブルーロックのアニメは漫画の何巻、何話まで放送されたんだろう? 「ブルーロック1期のアニメが漫画のどこまで放送されたか知りたい」「アニメ1期の続きは原作の何巻何...

ブルーロックに関するよくある質問(FAQ)

漫画「ブルーロック」の単行本全巻の値段はいくら?

全27巻まで発売されており、定価14,322円です。

漫画「ブルーロック」全巻を安く読む方法は?

電子書籍アプリのebookjapanなら、初めてログインした人に「70%OFF×6回使えるクーポン」を利用することにより、全27巻を実質11,850円(税込)で読むことができます。

ブルーロック全巻まとめ買いが安い電子書籍アプリまとめ

漫画「ブルーロック」の全巻をいくらで読めるのかについて紹介いたしました。

紙書籍の新品をまとめ買いするよりも、電子書籍アプリの初回限定クーポン等を利用し、全巻まとめて大人買いすることにより、安くお得に読めることもお伝えしました。

漫画「ブルーロック」を最安値で読みたい人へのイチオシはebookjapanです。

今なら初めてログインした人に「70%OFF×6回使えるクーポン」がもらえ、さらにPayPayポイントの還元率も高いので、お得にお買い物ができます!

⇒ ebookjapanの公式サイトはこちら

本キャンペーンは予告なく終了する可能性がありますので、その都度、公式サイトでご確認ください。

ぜひ、この記事を参考にしていただき、漫画ライフを楽しんでいただければと思います。

目次