ベルセルクを安く読むには電子書籍の全巻まとめ買いがおすすめ

ベルセルクは、三浦建太郎原作による漫画作品で、とてつもなく大きな剣を背負い、義手をつけた剣士ガッツが数々の苦難を乗り越えて旅をする物語です。

アクションシーンの躍動感など見どころ満点のダークファンタジーは健在です。

この記事では、漫画「ベルセルク単行本の紙書籍と電子書籍、それぞれ全巻の値段がいくらかを比較し、お得に安くまとめ買いができる電子書籍について紹介します。

ベルセルクの単行本は、電子書籍サービスのebookjapanなら、全42巻を27,030円(税込)でまとめ買いできます!この値段は、紙書籍より、3,000円お得に安く読むことができます。

漫画「ベルセルク
まとめ買いなら
ebookjapan
今なら全巻

27,030円(税込)

ベルセルクが安く読める /

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

目次

漫画「ベルセルク」全巻の単行本は紙書籍と電子書籍のどちらが安い?

まずはじめに、ベルセルク単行本全巻の紙書籍と電子書籍、それぞれの価格について調べ比較しました。

漫画を読む方法全巻値段(税込)
紙書籍30,030円
電子書籍27,030円
単行本全巻の価格比較

上の表に示したように、紙書籍(定価)が30,030円(税込)、電子書籍(最安値)が27,030円(税込)となり、価格差は3,000円となります。

よって、電子書籍での全巻まとめ買いをすれば、お得に安く読めるということがわかりました。

それぞれの詳細について以下に記載しますので、ご確認ください。

紙書籍で全巻をまとめ買いした場合

紙書籍の最新刊は42巻まで発売されており、次巻43巻の発売日は未定となっています。

紙書籍で全巻をまとめ買いすると定価30,030円(税込)になります。

そこで、漫画「ベルセルク」全巻新品まとめ買いの値段を知名度の高い通販サイトで調査してみました。

通販サイト全巻値段(税込)
Amazon30,030円
漫画全巻
ドットコム
30,030円
アニメイト30,030円
楽天市場30,030円
Yahoo!
ショッピング
30,030円
ヨドバシカメラ30,030円
通販サイト比較

このように、調査時点では、Amazonや他のネット通販でも出版物再販制度などにより、同じ価格(定価)であることがわかりました。

しかし、漫画「ベルセルク」の紙書籍の場合、売り切れてしまい、次の入荷を待つという可能性もでてくるかと思います。

電子書籍で全巻をまとめ買いした場合

電子書籍の最新刊は42巻まで発売されています。

全巻を読む場合、紙書籍だと合計30,030円(税込)ですが、電子書籍アプリ最安値のebookjapanにおいても、通常全巻の値段は30,030円(税込)です。

しかし今なら、初めてログインした人に70%OFF×6回使えるクーポンがもらえるため、電子書籍でまとめ買いすると27,030円(税込)になります。

70%OFF×6回使えるクーポンの使い方は以下となります。

巻数クーポン値段(税込)
1巻と2巻
同時購入
利用930円
3巻と4巻
同時購入
利用930円
5巻と6巻
同時購入
利用930円
7巻と8巻
同時購入
利用930円
9巻と10巻
同時購入
利用930円
11巻と12巻
同時購入
利用930円
13巻と42巻
同時購入
なし21,450円
全43巻70%OFFクーポン
6回利用
27,030円
70%OFF×6回クーポンの使い方

結果、「ベルセルク」の単行本全巻は、紙書籍より、電子書籍の方が3,000円安く読めるということになります!

ベルセルク最新刊までの全巻を安くまとめ買いしたい人は、電子書籍アプリのebookjapanがおすすめです。

漫画「ベルセルク
まとめ買いなら
ebookjapan
今なら全巻

27,030円(税込)

ベルセルクが安く読める /

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

しかしながら、今まで紙書籍でのみ漫画を読んでいた方は、電子書籍にはまだ抵抗がある人も少なからずいるかと思います。

実際には紙の単行本を購入して読むより、安いだけではなく、その他にもたくさんのメリットがあるんです!

電子書籍のメリット
  • 単行本より安い
  • ダウンロードすることにより、いつでも好きなところで読める
  • キャンペーン・クーポン等が利用できる
  • 購入前に試し読みができる本が多い
  • 単行本を置くスペースがいらない
  • 在庫切れがない
  • 本屋にない書籍でも購入できる
  • 文字のサイズやフォントを変えられる

このようにたくさんのメリットがありますので、漫画「ベルセルク」全巻を1番安く読みたい人は電子書籍アプリでまとめ買いすることをオススメいたします!

漫画「ベルセルク」全巻をお得に安く読めるおすすめ電子書籍アプリ5選

漫画「ベルセルク」最新刊までを大人買いする場合、1番安く読める電子書籍アプリは、ebookjapanになります。

以下に、これから電子書籍を毎月コンスタントに利用したいと考えている方へ、知名度が高く、品揃え・使いやすさ・還元施策などが豊富で、大手企業が運営していて安心して利用できる電子書籍アプリを厳選し、各サービスの特徴やおすすめポイントについて説明いたします。

たくさんの電子書籍アプリがあり、どのサービスを利用したらいいかわからない人も多いかと思いますが、ぜひ、参考にしていただき、ご自身にあった電子書籍アプリサービスを選んでください。

漫画「ベルセルク
まとめ買い
最安値は
ebookjapan
27,030円(税込)

電子書籍
アプリ
イチオシ対象クーポン
ebook
japan
6回まで70%OFF
(最大3,000円割引)
DMM
ブックス
90%OFF
(最大2,000円割引)
コミック
シーモア
70%OFF
(1冊まで)
Ameba
マンガ
50%即時還元
(100冊まで)
まんが
王国
毎日最大50%P還元
電子書籍アプリの比較

※2024年2月調査時点の情報となります。 最新情報はその都度、各公式サイトにてご確認ください。

ebookjapanなら3000円分割引でお得に読める

ebookjapanは、ヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同運営を行っている電子書籍サービスで、PayPayポイントの還元率が高いため、コンスタントに漫画を安く買いたいと考えている方にはオススメです!

おすすめポイント
  • 購入6回まで使える70%OFFクーポンがもらえる
  • 無料で読める作品が多い
  • キャンペーンや割引クーポンの配布などが豊富
  • PayPayポイントの還元率が高い
  • 本棚に収納しているような感覚で背表紙を表示できる

初回登録時、購入6回まで使える70%OFFクーポンがもらえ、1回のお買い物で最大500円まで割引できます。

簡単に説明しますと、読みたい漫画を全巻購入する場合、数回に分けて購入することにより、最大3,000円の割引で購入することができるんです!

とにかく還元策が豊富で、特にYahoo!プレミアム会員の方やソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーであれば、PayPayポイントの還元率が高くなりお得にお買い物ができます。

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

漫画「ベルセルク
まとめ買いなら
ebookjapan
今なら全巻

27,030円(税込)

ベルセルクが安く読める /

※クーポンは変更・終了されている可能性があります
その都度、公式サイトでご確認ください

DMMブックスならなら2000円分割引でお得に読める

DMMブックスは、「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍サービスで、現在は98万冊以上の作品を取り揃えており、漫画、小説、雑誌、実用書など、さまざまなジャンルのコンテンツを幅広く提供しています。

おすすめポイント
  • 初回購入限定90%OFFのクーポンがもらえる(上限割引額2,000円)
  • 無料で読める作品が毎日更新
  • BLやTL作品が豊富
  • 対象本を読むことで、毎日30%ポイント還元
  • DMM JCBカード新規入会で10,000ptがもらえる

漫画の無料試し読みをはじめとして、初回購入限定で、90%OFFのクーポン(上限割引額2,000円)を獲得できる魅力的なメリットがあります。

コミックスだけでも少年・青年・大人向け、少女・レディース・ロマンスと充実しており、BLやTLも網羅しています。

その他、文芸・ラノベにビジネス・実用、写真集もあります。

また、読んでレビューを投稿すると10pt(最大500pt)もらえるキャンペーンを実施しているので、こちらの参加もおすすめです。

⇒ DMMブックスの公式サイトはこちら

コミックシーモアなら月額メニュー登録で最大20,000P還元

コミックシーモアは、NTTのグループ企業であるNTTソルマーレ株式会社が運営する電子書籍サービスで、ほぼ全ての作品をいち早く手に入れられますので、漫画好きなら1度は試して欲しいサービスです!

おすすめポイント
  • 1冊だけ使える70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニュー登録後、全ポイントが還元される
  • 無料で読める作品が多い
  • 先行配信作品が多い
  • 楽天ポイントが使える

コミックシーモアには新規登録キャンペーンがあり、お得な特典が2点あります!

  • 特典① 70%OFFクーポンGET
  • 特典② 月額メニュー全額お返し

新規無料会員登録すると1冊だけ使える70%OFFクーポンがもらえます。

そして、月額メニューに新規登録された場合は、後日、登録メニュー分の全ポイントが最大で20,000ポイント還元されますので、実質無料で漫画を購入することができます。

また、ポイント等を購入してからの購入ではなく、直接料金を支払う事ができる為、少額の商品から気兼ねなく購入する事が出来るのも嬉しいポイントです!

会員登録は無料ですので、気になる方はぜひ、サービスを利用してみて下さい!

⇒ コミックシーモアの公式サイトはこちら

漫画「ベルセルク」の電子書籍はレンタルできる?

漫画「ベルセルク」は電子書籍のレンタルサービスがあるサイトでは、取り扱いがありませんでした。

  • Renta!(購入のみ)
  • コミックシーモア(購入のみ)

漫画「ベルセルク」を電子書籍で読む場合は、購入する必要があります。

漫画「ベルセルク」を読み放題できるサービスは?

漫画「ベルセルク」は電子書籍の読み放題を行っているサービスでも、対象外の作品でした。

  • kindle unlimited(購入のみ)
  • コミックシーモア(購入のみ)
  • BOOK☆WALKER(購入のみ)
  • auブックパス(購入のみ)
  • ブック放題(取り扱いなし)

漫画「ベルセルク」の電子書籍は、購入のみの取り扱いです。

漫画「ベルセルク」のあらすじ

ある城下町にたどり着いたガッツ。酒場では輩達が妖精エルフを人質に酒を飲み楽しんでいる。それを見て我慢ができなくなったガッツは自分の腕にボウガンを装着して矢を発射。馬鹿騒ぎしていた輩に突き刺さる。一人の盗賊に向かってガッツは伝言を頼む。「あんた達のボスに伝えろ、黒い剣士が来た」と。そのやりとりをしているときにガッツの背後から他の輩が襲いかかってくる。その気配をいち早く察知して巨大な剣を取りガッツはその男を一刀両断してしまう。すぐさまその場を後にしたガッツの後を助けられたエルフは追いかける。そのエルフはパックと言って、ガッツの身を案じてくれるのだが、すぐにガッツの周りには兵士達が囲んでしまい危険人物として扱われてしまう。城に囚われてしまったガッツは酷い拷問を受けることとなり…。

作品名ベルセルク
ジャンル少年・青年漫画
作者三浦建太郎
出版社白泉社
掲載誌ヤングアニマル
巻数最新刊42巻
外部リンクWikipedia
漫画「ベルセルク」基本情報

漫画「ベルセルク」の見どころ

漫画「ベルセルク」の見どころを3つ紹介します。

  1. ガッツのキャラが魅力的
  2. 巨大な剣
  3. グロテスクな描写

ガッツのキャラが魅力的

この作品の主人公であるガッツというキャラクターがかなり魅力的に描かれています。個人的に注目してほしいのは彼の性格の部分ですね。かなり無骨な性格をしていて、悪事に対して見て見ぬふりができないタイプで、クールながらも助けてくれる感じがめちゃくちゃ格好いいですね。妖精エルフが囚われていたときに、何も言わずに助けてくれた場面は本当にイケメンそのものでした。有無を言わさぬ戦闘力を垣間見せるところもすごく魅力的な要素の一つです。

巨大な剣

メインキャラであるガッツが持っている巨大な剣がとてもイカしています。ガッツ以外は絶対に扱えないであろうとてつもなく禍々しい武器なのでそこに注目してほしいです。この巨大な剣を背負って旅をしている姿が何だかとても格好いいですね。何人たりとも寄せ付けない感じがすごく魅力的です。この剣を使って人間を一刀両断にしてしまう姿が描かれていたのですが、本当に破壊力は抜群で斬れ味も凄まじいことが判明するので見ていて何だかとても怖いです。

グロテスクな描写

この作品ではガッツが色々な敵と死闘を繰り広げていくのですが、そのときの描写がとても魅力的ですね。人間達がバッタバッタと切り刻まれる姿などが描かれているので結構グロテスクではあるのですが、そこがまたリアリティを演出している感じがして堪りません。ガッツの躊躇ない身のこなしがとても格好いいですね。自分に降りかかる輩は誰であろうと容赦しない感じで斬っていくので、その爽快感は最高の一言です。全く罪悪感を抱いていない表情にも注目です。

漫画「ベルセルク」の感想

30代男性

ガッツという強靭な肉体を持っている男が、この作品の主人公なのですが、見ていてすごくワクワクさせられますね。三浦さんの描き出すキャラクターは本当に男臭くて、たまらなく自分の琴線に触れてくるので本当に大好きです。作中でべへリットという謎の物体が出てくるのですが、そのものが本当に不気味で目を見張りましたね。球体のものに目や鼻や口がついていて本当に呪い品みたいな感じで目が離せませんでしたね。バルガスという包帯にまみれた医者がこのベヘリットについてのことを色々と説明してくれるのですが聞けば聞くほど不気味さが助長されていくような気がして堪りませんでした。このベルセルクでは結構グロテスクなシーンが幾度となく出てくるので、そういうのが大好きな自分からしたら本当に面白い作品です。苦手な人も中にいるかもしれませんがグロい場面を見るとなぜだかリアリティやシリアスさを感じることができるので読んでいてより没入できますね。この世界とはまた違った世界がどこかに存在しているということを突き止めようとしているガッツの姿がとても興味深くて、ことの真相が一体どういうものなのか本当に気になることばかりです。あまり作品内でその事について説明してくれないので自分の想像に任せて読み進めていくとより想像力を掻き立てられて面白いです。

他の感想はこちら
30代男性

この作品を昔から好んで読んでいて作者である三浦建太郎先生が亡くなってしまったときには本当に泣きましたね。こんなにもベルセルクを愛していたんだとそのときに実感しました。この先このベルセルクの続きが読めないのだと思うと本当にやるせない思いでいっぱいでしたね。でも先生が書き残したメモによって完結はしてくれるらしいのでそこだけがせめてもの救いと言えます。ベルセルクファンはやっぱりガッツの生き様の部分に絶対惹かれてしまいます。こんな無骨な男になりたいと思いますが、そう簡単にはなれないところがガッツである所以でしょうね。キャラ達の心情やアクションシーンなどベルセルクには魅力的な要素が山積みなので、たくさんの人に読んでもらいたい気持ちです。やはり一番好きなのはガッツの剣ですね。あの無駄にデカい剣が厨二心を刺激してくれるので、より作品を面白く読むことができたと思います。ゲームなんかでガッツの剣に似た武器が出てきたときにはやっぱりテンションが上がってしまいますからね。物語のシリアスさやグロテスクな描写の数々に皆が魅了されるのも理解できますね。容赦ないガッツの言動がすごくカタルシスを煽ってくれるので、そこにも注目してもらいたいです。

40代男性

三浦健太郎さんの作品が大好きで、このベルセルクはある意味自分の中ではバイブルとして語り継がれている名作であることは間違いありません。ですので未完になって終わってしまったと言うところが非常に悲しいところではあるのですが、それを抜いてしてもとても面白い作品に仕上がっているので誰にもオススメできる漫画です。簡単に言うととても大きな剣を振っているガッツと言う剣士が活躍する物語です。結構グロテスクなシーンなどもちゃんと描いてくれているので、そこに注目していくと非常に物語をシリアスに捉えることができて面白いですね。この作品の見どころはやっぱりなんといってもバトルシーンの躍動感ですね。ガッツが剣を振るっている時の重さが描写から強く伝わってくる感じがたまりません。昔からどでかい剣を持っているキャラが大好きだったのでff7のクラウドなんかもすごく好きです。ガッツが持っている剣とバスターソードはなんかちょっと似ていていいです。この作品を読んでいると生きていくとはなんなのかということを強く感じられるので目が離せません。ガッツの性格が物語を通して段々と成長していく姿もとても面白いので最高の作品です。ダークファンタジー作品の中では群を抜いていると思います。

30代男性

この作品の作者である三浦健太郎さんが亡くなったとニュースを聞いたときには本当に悲しい気持ちでいっぱいでした。今までずっとベルセルクを楽しんで読んでいたので、もう彼の作品を読むことができないと思うと本当に切ない気持ちでいっぱいでしたね。ベルセルクは未完で終わってしまうのかと思ってしまっていたときにニュースで結末が書かれていたメモが発見されたと言う情報を耳にして若干救われたような気持ちになりましたね。やっぱり物語と言うのは終わってこそなんぼだと言うことを強く思っていたので、最後まで物語を追えると言うことで、なんだかとてもうれしかったですね。でも正直な話三浦先生の作画ではないとちょっと嫌だなと言う気持ちもあるのでその辺は複雑ですね。ガッツがどのような経緯をたどっていくのか凄く興味があるので最後まで楽しみたいと思います。今までの苦難の道のりを考えれば考えるほどこの作品が大好きになってくるのですごくオススメの作品です。作中に出てくるグリフィスのキャラもすごく興味深いものに仕上がっているので目が離せません。ガッツとグリフィスが出会った事で物語が切ない運命を辿るのでそこも非常に面白い要素の一つです。三浦先生が亡くなってしまった事で全てのベルセルクの物語を読むことはできなくなってしまいましたが、ある意味で伝説の作品になったことは間違い無いと思います。

30代男性

ベルセルクは片腕、片目の剣士である主人公が、敵対する人間、怪物、未知の力を持つ敵との戦いを繰り広げる物語です。初盤は主人公の少年、青年期の話を中心に物語が進み、何故片腕、片目となったのか、そして何故ここまでの執念を燃やし、敵と戦えるのか、その理由も読み進めると明らかになっていきます。また作者の画力が素晴らしく、人物の表情、動きなどがかなりリアルに描かれています。その為、戦闘の描写ではかなりグロテスクな場面も多いです。血しぶきや人が死ぬ描写などが苦手な方は控えた方が良いかもしれません。逆にスリルのある作品、とてもリアルな描写が好き方には、たまらない作品だと思います。また作者の先生独特の世界観があり、後半になればなるほど、その描写はさら過度になるので、1巻ずつ丁寧に読んでベルセルクの世界観に慣れていくと良いかと思います。序盤は人間同士の戦の話が多く、現実的な中での物語となりますが、中盤から妖精、魔法などの要素も加わり、よりファンタジー感のあるワクワクするような展開が待ち受けています。全体的にはとても重々しくシリアスなストーリーですが、その感じが独特の緊張感を生み出し、常に手に汗握りつつ物語を楽しむ事が出来る作品です。

60代男性

「ベルセルク」は、暗く残酷なファンタジー漫画であり、主人公ガッツの復讐と成長を描いた物語です。この漫画は、暴力的なシーンや性的な描写が含まれており、苦手な人には向かないかもしれませんが、その描写力は非常にリアルであり、ストーリーに没入感を与えます。ガッツは、過去のトラウマに苦しみながらも、自分の意志で強く生きることを決めます。彼の敵は、魔物や邪悪な人間であり、彼は彼らとの戦いに勝つために、常に自分を鍛え上げています。ガッツの戦いは、血に飢えた獣のような激しさで描かれており、彼の力と技術の向上が物語の核心となっています。また、ガッツの友人であるグリフィスも重要な役割を果たしています。グリフィスは、美しい容姿と優れた指導力を持つカリスマ的な指導者であり、ガッツに多大な影響を与えます。しかし、彼は野心的で冷酷な側面を持ち、物語の後半ではガッツと敵対する存在となります。「ベルセルク」は、暗いテーマと暴力的な描写が含まれているため、すべての読者には向かないかもしれません。しかし、その深いストーリーとキャラクターの成長は、読者に深い印象を与えることができます。漫画の終わりまで、ガッツがどのように復讐を果たし、どのように成長したかを追い続けることは、読者にとって非常に感動的な体験となるでしょう。

30代男性

「ベルセルク」は、ダークファンタジーで戦闘シーンや物語の展開など独特の雰囲気がある漫画のため、ついつい読みふけってしまいます。
ベルセルクの中で特に面白いところは3つあり、1つ目は緊張感ある戦闘シーンです。ベルセルクには、圧倒的な迫力を持つ戦闘シーンが多数登場します。特に、主人公のガッツが駆使する大剣「ドラゴン殺し」を用いた戦闘シーンは、非常に迫力があります。また、騎士団との大規模な戦闘など、多数のキャラクターが登場するシーンでも戦闘の緊張感が伝わってきて物語に引き込まれてしまいます。2つ目は、キャラクターの心理描写です。登場するキャラクターたちは、それぞれに深い闇の過去や葛藤を抱えており、その心理描写が非常に丁寧に描かれています。
主人公ガッツの孤独や、グリフィスの野望、カスカの心の傷など、多くのキャラクターがリアルに描かれており、それぞれの人間性に共感することができるところです。3つ目は、時に残酷で不条理な展開が続くところです。例えば、主人公ガッツが仲間たちとともに戦いを繰り広げている最中に、突如としてグリフィスが裏切り、仲間たちが殺されるという展開があります。このような予測不可能な展開が面白いところです。

60代男性

三浦建太郎氏の遺作となってしまった今作。東京MXテレビで「黄金時代編」が先週までオンエアされていたが、「蝕」の眷属の降臨のシーンは日テレで深夜に観ていた時よりも画質が鮮やかになり、魔物の禍々しさもスケールアップした。生涯完成する事はないだろうと、三浦先生が考えていた程、ストーリー展開からキャラクター設定までスキのない完成度の高さを感じさせる。主人公の無敵の狂(凶)戦士ガッツの悲しく複雑な生い立ちや少年時代、鷹の団の総裁グリフィスの渇望する強烈な星雲の志も細やかに描かれ、今までお目に掛かれなかった壮大な青春ドラマを見ている気にさせる。三浦先生亡き後も、どのように今後ストーリーが展開していくのか、気に掛けずにはいられない。その遺志というバトンを受け継いだスタッフの方々のご活躍を期待したい。私はコミックスを読み進めておりましたが、熱中して読んでいた頃、丁度「蝕」のシーン辺りで大きな身内の不幸を味わったので、思う所があり愛読する事から暫く遠ざかっておりました。しかし、テレビで放映されたので、再び興味を持ち読み始めております。これはきっと、三浦先生が描いてはならぬ魔物の存在を、描いていたからに他なりません。絵空事ではなく、目に映らない、人知を超え隠された真実がこの世には存在するのだと、痛感しております。三浦先生が夭逝された時も、魔物に魅入られた為ではないのか?と一瞬考えてしまいました。覇王の卵「ベヘリット」を手にしたのはグリフィスならぬ三浦先生ご本人だったのです。三浦先生が命を賭して描き切ろうとした、渾身の作品の行方を今後とも見届けたいと思います。

20代女性

ベルセルクというダークファンタジー漫画は、画力、世界観、キャラクターのすべてが暗くカッコいい作品です。この漫画で出てくる武器や設定は、どれも斬新で、漫画界に留まらず、様々な世界に影響を与えています。また、「ベルセルク」は、画集のような巻が多くあり、その書き込みがすごく、読んでいると画集かよと突っ込みたくなるような作品です。その貢献たるや並みのものであり、未完となってしまったことは残念ですが、それでもこの作品の素晴らしさは損なわれることはありません。「ベルセルク」は、漫画家の三浦建太郎さんによる作品で、1990年12月に第1巻が発売され、現在既刊39巻となっています。作品を読んでいると、「俺はこの作品に出会うためにこの世に生まれてきたのかもしれない!!」と思ってしまうほど、非常にどハマりしてしまう作品です。さらに、「ベルセルク」は、ダークファンタジーとしても極めて暗く、そのダークさに度肝を抜かれるような作品であり、主人公が暗いということもあります。また、「モンスターハンター」という作品の大剣の元ネタと言われることもあり、この作品に触れたことがある人からすると、「モンスターハンター」を2Gからやっているということも非常に納得できるでしょう。

20代女性

主人公は、片腕が義手、片目がつぶれているカッコイイ戦士で、超〜〜ゴッツイ剣を振り回し、人間外のものである「使徒」と戦っているという、まさに漫画史に残る名作です。最初に読んだとき、雷に打たれたような衝撃を感じました。主人公・ガッツが、あがらないほどの深い絶望から、巨大な剣を背に、立ち向かい続ける姿に、読者を強く惹き付けます。その先に、明るい未来が用意されているのでしょうか…?主人公のガッツは、激しく熱く、強く、過酷な環境でも一振りの剣で戦いぬく戦士です。そのかっこよさは、読者を圧倒します。また、緻密な書き込みと、激しい戦闘シーンも見どころです。ただ、この漫画の場合は、最初のうちには化け物が出てきて、そこから一時的に人間世界の戦争に話がうつるため、一部の読者からは、化け物漫画になりそうで読むのをやめたという声もありました。それでも、あのパックが初期からのキャラだったということに、今更ながら驚く読者もいるようです。そんな「ガッツ」を、昔、どこかの漫喫で冒頭を読んで、あまりにグロかったのですぐに読むのをやめたという方もいらっしゃるようですが、劇場版Ⅰを見たところ、面白すぎて、再度チャレンジしてみると、面白いと感じる方もいるためもう一度読んで見ることをおすすめします。

40代男性

ベルセルク(狂戦士)は重厚な世界観の中でグロテスクな怪物たちが徘徊する乱世のミッドランドを舞台とするダークファンタジーだ。その中を「黒い戦士」ガッツが進んでゆく。かつての仲間を友と信じたグリフィスの裏切り(グリフィスはそう思っていない)により失ったガッツは妖精パックと共に復讐の旅を続ける。その中で世界の存在にかかわる事態に深く関わってゆくことになる。ガッツは世界から疎外されたものだ。母の死とともに生まれ、戦いの中で傭兵として育ち、悪霊たちを引き寄せる。「ゴットハンド」フェムトとなったグリフィスはそれとは対照的に世界の中心にいるものだ。世界が異様な方向に動き出すときそれをなんとかできるとすれば、狂った世界に愛されたグリフィスの「光」ではなく、世界を傷つけるガッツの暴力だろう。89年から始まった長大な物語は原作者三浦健太郎氏の死後も進行中だ。話はゆっくりとだが進んでいる。章は、序章である黒い剣士篇(1~3巻)、そもそものガッツとグリフィスの因縁が語られる黄金時代篇(3~14巻)、そして、黒い剣士篇のすぐ後から始まる断罪篇(14~21巻)、世界がその容貌を変え始める千年帝国の鷹篇(22~35巻)、そして今、進行中の幻想世界篇(35~)に分かれる。初めから読むのが一番いいが初期はよりきつい描写が多いので、そういうのが苦手という人は現行パーティーが出来始める断罪篇の生誕祭の章から読み始めて慣れたところでそれ以前の物語を楽しむのが良い。バトル漫画としてみるとしても出来が良く、躍動感あふれるカッコいいシーンが多い。作品に満ちる残酷な美しさにしんどくなり始めると、パックのおどけた仕草が心を癒してくれる。大学時代に初めて読んで、20年たった今も続きを楽しみにしている、そんな作品。

40代男性

一言で言えば濃厚で先が読めない漫画です。それほど僕自身は漫画は読む方ではないんですが、この漫画はホント好きでした。作者が亡くなられてしまいそれまで集めていた単行本をすべて売ってしまいましたが続編が続くという事で買いなおそうかまよっています。やっぱり構想はできあがっていると言っても別の人が引き継いだモノはその作者の持っているカラーがでてしまうと思うので…、そこが残念な感じにならなければと思います。この作品の素晴らしさは画力が凄いという事もそうですが一番の魅力はキャラクターの個性だと思います。旧鷹の団の一面は皆それぞれに個性があり、実社会に共通するものがあったようなきがします。相性が合う奴あわない奴、そこから生じる仕事でのトラブル。でもそんな中でも同じ会社(集団)の中において共存していく楽しさ難しさがあるようなきがします。ガッツが黒い剣士になる前の【黄金時代】のエピソードは本当に逸材だと思いますね~。アニメ化もしてますけど、この作品なら実写化しても面白いのではないでしょうか?(黄金時代だけでも十分に楽しめる作品なので…)。小学生など子供が読む漫画ではないと思いますが一定の年齢に達した成人の方にはぜひお勧めしたい漫画です。

漫画「ベルセルク」に関するよくある質問(FAQ)

漫画「ベルセルク」単行本全巻の値段はいくら?

全42巻まで発売されており、定価30,030円です。

漫画「ベルセルク」全巻を安く読む方法は?

電子書籍アプリのebookjapanなら、初めてログインした人に「70%OFF×6回使えるクーポン」を利用することにより、全42巻を27,030円(税込)で読むことができます。

漫画「ベルセルク」全巻まとめ買いが安い電子書籍アプリまとめ

漫画「ベルセルク」全巻をいくらで読めるのかについて紹介いたしました。

紙書籍の新品をまとめ買いするよりも、電子書籍アプリの初回限定クーポン等を利用し、全巻まとめて大人買いすることにより、安くお得に読めることもお伝えしました。

漫画「ベルセルク」を最安値で読みたい人へのイチオシはebookjapanです。

今なら初めてログインした人に、70%OFF×6回使えるクーポンがもらえ、さらにPayPayポイントの還元率も高いので、お得にお買い物ができます!

⇒ ebookjapanの公式サイトはこちら

本キャンペーンは予告なく終了する可能性がありますので、その都度、公式サイトでご確認ください。

ぜひ、この記事を参考にしていただき、漫画ライフを楽しんでいただければと思います。

目次